2017年9月10日に放送された「日曜もアメトーーク!」を見ました。

今回のテーマは、「定時制高校芸人」です。

1b9e51be3e2841db92d657f02fbf663a_s_091717_074242_PM

メンバー登場、オープニング

出演者は、MCに雨上がり決死隊の宮迫さん、蛍原さん。

リーダーに、今田耕司さん。イシバシハザマ・石橋さん、ラフコンの森木さんと、重岡さん。カープ芸人でもお馴染みの、ゴッホ向井ブルーさん。初登場、ワラバランスの宮崎さん、スピーディースピードボーイさん。そして、アンテナ元気さんです。

ゲストに、女優の瀧本美織さんと、FUJIWARAのフジモンさんを迎えました。

年上の同級生との、ちょっと変わった学園生活や、切なすぎる文化祭など。出演者は、知らない芸人ばかりだけど、面白いよ!今田さんの通知表も、大公開します。

ゲストの瀧本さんと、今田さんは、過去にanother skyで共演しています。そのため、フジモンさんから、最後に「あなたにとって、定時制高校とは?」と、another sky風に質問することが、発表されました。

スポンサードリンク

通うことになった理由

そもそもなぜ定時制に通うことになったのか?

今田さんは最初、山奥にある全寮制の学校に通っていましたが、1年で嫌になり脱走し、その後定時制に編入したそうです。

みんなが寝静まった頃、トイレで着替えて、山を降りていったと言います。当時の学生証が映りましたが、白黒の写真に、戦後まもなくですが?と質問が飛んでいました。

メンバーのほとんどが、全日制からの編入で、定時制に通うことになりましたが、最初から定時制なのは、重岡さんと、アンテナ元気さんのみです。

重岡さんは、中学生の頃に、地元では名の知れ渡るほど、やんちゃをしていたそうですが、更生するために、定時制高校に通ったということでした。お隣の席の森木さんとは、現在トリオで活動しています。

その森木さんは、全日制高校で、2回ダブり、強制的な編入だったと言います。かなりのアホと言われる、森木さん。定時制高校で、重岡さんと出会い、お笑いをやることになりました。

アンテナ元気さんも、高校入学から、定時制高校へ通いました。紆余曲折してから行き着く、定時制高校に、直で行く人はまず居ないと話す、石橋さん。

元気さんは、名前さえ書ければ合格と言われ、受験まで、自分の名前ばかりを練習していたと言います。書きすぎて、間違うことがあるそうですが、名前さえ間違えたら、もう終わりですよね。

時間割

入った経緯がわかったところで、続いては、知れば驚く定時制の、時間割です。

ラフコンの二人が通っていた高校の、現在の時間割が出ると、まず夕方5時に登校して、すぐの給食に驚きます。働いた後に来る人がほとんどなので、まずは腹ごしらえからなんだそうです。それから、夜の9時すぎまで、授業を行います。

こちらの高校は、バランスの良いしっかりとした給食が出るそうですが、宮崎さんの学校では、パンと牛乳の軽食のみの給食で、同級生のベテラン主婦が持ってきてくれる、余ったおかずをパンに挟んで食べるのが、最高に美味しかったと言います。心あったまる話です。

ここで、今田さんの当時の写真が出ましたが、窓の外が漆黒の闇で、本当に夜に授業を受けていたんだと分かります。

石橋さんは、夜の学校に慣れてしまい、学校の怪談がコワくないと言うと、みなさん深く頷き共感していました。

バライティに富んだクラスメイト

年上の同級生や、バライティに富んだ、幅広い年齢層のクラスメイトについて、紹介します。

スピーディースピードボーイさんは、最初に、先生だと思っていた人が、おじさんのクラスメイトだった、ということがあったと言います。これも、あるあるのようでした。

今田さんは、30歳のスーパーの店長について、紹介しました。ある時、友達とトイレに行ったら、個室でタバコを吸っている人が。上から覗くと、スーパーの店長で、今田さんたちが、「成人してるんだから、教室で吸ってくださいよ」と言うと、「ルールだから」と、真面目な答えが返ってきたそうです。そこで、大人の一面を教えて貰ったと話しました。

さらに、看護師のおばさんと、ヤンキーが揉めた理由が、「学校に漬物持ってくんな!!」という理由だったことも。ヤンキーに対し、「晩ご飯だからしょうがないじゃないの!」と反論し、”お母さんってすごいな”ということを、学んだと言います。

元気さんが紹介したのは、80歳の韓国人・金さんです。元気さんは、ヤンキーに絡まれることが多かったそうですが、ある時、金さんが、間に入って仲裁してくれました。ヤンキーを、抱きしめて、「ここに敵はいない」と言うと、ヤンキーは泣き出し、見事に丸く収まったそうです。スゴいですね!

スピードボーイさんは、同級生にキャバ嬢が二人いたそうです。先生は、この二人にとても甘く、夜なのにサングラスをしていても怒らない。授業中に化粧をしていても、抜け出しても、「しょうがないじゃん、このあと仕事なんだから~」で、許されてしまうと話しました。

文集が公開されると、キャバ嬢ならでは?お客さんとのメールのやり取りで培ったのか、カタカナの使い方が、絶妙でした。

石橋さんの同級生には、桶谷拓司さんという、とんでもないアホがいたと言います。150cmの身長で、パンチパーマをかけ、レイバンのサングラスを掛け、銀狐のマフラーを巻いています。それだけでなく、口元にガーゼマスクをしていたのですが、”卍”マークが書けずに、平仮名で”まんじ”と書いて付けていたそうです。かなりヤバいやつです。

そして、入学式の真ん中で、いきなり咳き込み出し、どうした!?とみんな集まると、「”まんじ”と油性で書いたから、息が引っかかって…」と、言ったんだとか。でも、それでアホと分かって、みんなと打ち解けたと言うから、良かったのかも知れません。

宮崎さんは、80歳の下河内&堀井コンビを紹介します。授業中は、当たり前ですが、寝てはいけないのですが、二人はたまに寝てしまう時があり、それを見つけた先生は、時計を見て、「寝る時間だからな…」と、許してしまうと言います。

さらに、子連れの金谷さん。19歳で、1歳の息子を連れてきていたのですが、授業中に泣くと、クラスメイトが交代で抱っこしていました。しかし、どうしても泣き止まない時は、50代の主婦、井上さんがあやすと、落ち着いていたそうです。さすが、経験者は違います。ひと足先に、社会を知れる場所でもある、そんな定時制高校です。

重岡さんは、相方・森木さんを、紹介します。とにかくアホで、干支も言えないそうですが、ある時、いきなり授業中に出ていったことがありました。何をしに行ったかと言うと、その日の朝に、校門で一目惚れした女の子に、告白をしに行ったんだそうです。一番遠いクラスから探しに行って、結局隣のクラスだった、その女の子を教室から連れ出し、告白しますが、彼氏がいるので、ごめんなさいと言われます。しかし、森木さんは諦めず、彼氏と別れてくださいと、お願い。すると、1週間後に彼氏と別れてくれて、付き合うことになったそうです。大したもんです!

学校行事

行事ごとの思い出を、プレイバック!

入試試験

今田さんは、夜専用のプレハブ教室で、一人で5教科のテストを受けたそうです。でもそれは、学力を見るためで、その場で合格が言い渡されたと言います。

重岡さんは、5教科のテストを受けて、合格。

森木さんは、編入試験があったと言いますが、それが”たぶん1教科”だと話すも、それは無いと、重岡さんにツッコまれていました。

数学のテストで、最後の問題が、計算過程も書くもので、解答欄が大きかったものの、分からないので、問題についての感想を書いたと話しました。ツッコミどころ満載ですが、元気さんがなぜか、「埋めないとね」と言ったり、今田さんも、その意図を理解していて、「アホの共感ヤメて」!と言われていました。

授業

全日制とはどう違う?

ゴッホさんは、レベルを一番下の人に合わせるので、英語は1年かけて、アルファベットのA~Zを覚える授業だったそうです。

石橋さんの高校は、中間テストで、A~Zを書ければ100点で、さらに、自分の名前を漢字で書ければ、赤点を免れる40点を貰えたと言います。英語なのに?!

重岡さんの高校では、音楽の時間は、音楽に関わることをしていれば、OKだったそうです。ギターを弾く人もいれば、本を読んでいる人も。本も、音楽に関するものだったら良いという、変わったルールがありました。さらに、洋楽を流すだけの時間もあり、喫茶店か!とツッコまれていましたが、もっと深く学びたい人には、個別で授業もしてくれるとの事でした。

ゴッホさんは、授業で先生が、テレビを付け始め、元広島カープの野村選手の引退試合を見ることになったそうです。その後1時間、ただ静かに見て、授業は終わったという、ただ先生が見たかっただけの授業でした。

元気さんは、先程も出た金さんが、国語のテストで、0点をとった話。頭も悪くないし、全部埋まっているし、どうしてかなと思い、解答用紙を見ると、金さんの字が達筆すぎて、先生が読めず、全部ペケにされてしまっていました。その後のテストでは、気をつけてゆっくり丁寧に書いたら、間に合わなくて赤点を取ってしまったと言います。一生懸命なのに、可哀想でしたね。

宮崎さんは、社会の授業で、戦争の話になり、先生の解説の途中で、下河内&堀井コンビが、「それは違うの~」と、濃密な体験談を語ってくれたそうです。そんな話を、同級生から聞けることなんて、定時制しか無理ですから、貴重でしたね。

今田さんの高校では、体育館が使えないので、体育の授業は、グラウンドの街灯の下で、バドミントンをしていたと話しました。ネットもなく、虫が寄ってきて、大変そうです。

ここで、今田さんの実家からお借りした、当時の通知表を、公開しました。赤点もありましたが、欠席0日で優等生でした。バイトの店長から、「学校だけは行け、親に感謝しろ」と、大切なことを学んだと語りました。

瀧本さんは、人生を学べるのがすごいと話し、定時制の素晴らしさを伝えた、メンバーたちです。

体育祭&文化祭

夜に行われる、運動会。

石橋さんは、普通は一番盛り上がるであろう”クラス対抗リレー”が、暗闇で抜いた抜かれたが見えないので、盛りあがらないことや、玉入れで、白の玉は良く見えるけど、赤の玉は暗闇と同化して見えないので、毎年白組が勝つというエピソードを話しました。また、綱引きでは、真ん中の勝敗が決まる所しか、明かりが付かないので、勝負が決まってくると、負けチームが光にさらされることから、綱引きではなく”負けさらし”と読んでいたと話しました。

今田さんは、文化祭の思い出を語ります。一つの教室に、みんなが集められ、一人一つ、ジュースとパンが配られて、それを食べながら、先生がやるマンドリン演奏を聴いたり、マジックを見るという、シュールな文化祭だったようです。他のメンバーとは、ちょっと時代が違いすぎる?今田さんの定時制高校です。

宮崎さんの定時制の文化祭は、全日制と合同で行われ、宮崎さんのクラスは、焼きそば屋さんをやったそうですが、全日制の方にも2店舗ほど、同じ焼きそばを出すクラスがあり、売り上げが見込めないなと、話していたそうです。すると、ベテラン主婦・井上さんが、本気を出して、ありとあらゆる調味料や、隠し味で、文化祭のレベルを凌駕した焼きそばが出来、結果売上が1位になり、楽しい思い出になったと話しました。

修学旅行&遠足

ゴッホさんの修学旅行は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで、希望した人が参加したのですが、当日蓋を開けてみると、ゴッホさん・ヤンキー・おばあちゃん・先生という謎の4人での旅行だったそうです。USJでの主軸は、おばあちゃんで、絶叫系には乗れず、アメリカっぽい所を散歩するだけという、ちょっと残念な思い出でした。

スピードボーイさんは、修学旅行で東京ディズニーランドへ行くと、お金を持っている、キャバ嬢二人が、行列のポップコーンを買うために、前に並んでいる人に、お金を渡し、買って来てもらったり、両手いっぱいのお土産を買って、お金にものを言わせていたと話しました。

元気さんは遠足で、バーベキューをした時、金さんが自家製のタレを持ってきて、それが大好評だったそうです。その為、金さんが、家で焼肉パーティーをしようと、提案してくれたと言います。しかし、当日みんなが約束を忘れ、月曜日に学校へ行くと、金さんはとても日焼けしていたそうです。それでも気付いていなかった元気さんが、理由を聞いてみると、校門の前で、みんなの事を5時間待っていたと、怒りモード。申し訳なくなり、その日のうちに、焼肉パーティーを開催したと言います。みんなを許して、歌や踊り披露してくれたという、金さんいい人〜!

その他に、学校であったことは?と聞かれたメンバーに、ゴッホさんが話し始めます。当時全日制に通っていたけど、定時制に編入することになったきっかけを、紹介してくれました。M-1グランプリに、出場するために、同級生と練習をしていた、ゴッホさん。しかし当日、相方は来てくれず、予選には出られませんでした。それでも、その日司会をしていた、元天然素材のへびいちごさんが、帰ろうとするゴッホさんを、追いかけて来てくれて、「舞台だけでも立ってみる?」と、言ってくれたと言います。それで、予選のネタが全部終わった後に、お客さんがいる状態で、舞台に立たせてくれて、「お笑いだけは、嫌いにならんでな、いつまでも待ってるから」と、言葉を掛けてくれたそうです。それで、お笑いをやる決心をして、親を説得し、全日制の高校を辞めて、バイトでお金を貯めながら、定時制高校に通ったと話してくれました。大切な言葉をくれた、へびいちごさんや、夢を追いかけることが出来た、定時制高校に感謝しているという、ゴッホさん。感動的な話です。

また、今田さんのお母さんには、当時のことで覚えているエピソードを、聞いてみると…。卒業式が終わって、家に帰ってきた今田さんは、お父さんに、「高校を卒業させてくれてありがとう」と話したそうです。色々あって、編入した、定時制高校ですが、感謝の気持ちをちゃんと伝えられる、立派な大人に、成長したんですね。今田さんは、バイト先の店長のおかげ、と言い、良い大人に出会えたことが、自分にとってプラスになったと話しました。

同級生からの寄せ書き!!

同級生、先生、先輩たちから、メンバーへ寄せ書き色紙を、書いてもらいました。

石橋さんの寄せ書きには、桶谷拓司さんのものも。”誇りをもて~”と書いてありましたが、字が間違っていて、らしいな〜と言われていました。名前が匿名の寄せ書きは、初めて見ました。

元気さんや、ゴッホさん、ラフコンのお二人にも、当時の仲間たちからの、寄せ書きが贈られましたが、森木さんには、授業中に告白した、元カノからも、お手紙を貰ったそうです。「面倒見のいい、とても優しい彼氏でした」、「プレゼントしてくれた、ルイ・ヴィトンのお財布を、未だに使っています」と、嬉しい報告もありました。

続いて、スピーディースピードボーイさんには、寄せ書きの他に、キャバ嬢二人からの、メッセージVTRも!相変わらず、夜でもサングラスのお二人、自由なゆる~い空気が流れていました。今回、スタジオに来てくれませんか?と、スタッフがお願いしたようですが、「海の日は海行くっしょ!」と、断られたそうです。収録日が海の日だったのかな?

宮崎さんには、寄せ書きの他に、子持ちの金谷さんがスタジオに登場し、久しぶりの再会。さらに、14歳になった息子さんも登場し、宮崎さんに、サインを貰っていました。久々に抱っこをするも、なぜかお姫様抱っこでした。全然知らないけど、大きくなったね〜。

最後は、リーダー今田さんへの、寄せ書きです。とても立派な色紙で、30年前に卒業した、仲間からの寄せ書きかと思いきや、歴代のマネージャーからのメッセージでした。

最後に、「今田さんにとっての、定時制高校とは?」

「another skyです。」と答えて、終了でした。

最後に

幅広い年齢層の方と、毎日同じ教室で、授業を受けて、刺激をもらいながら、色々な事を学んだんだな〜と思うと、少し羨ましい気もします。素晴らしい経験を聞けて、とてもいい回でした!

次回は、日曜もアメトーーク2時間SPです。

「踊りたくない芸人」では、リズム感ないヤツらが、色々なダンスに挑戦!そして、「相方大好き芸人」との、豪華2本立てです。お楽しみに。

日曜もアメトーーク!「踊りたくない芸人」のネタバレと感想とまとめ。

日曜もアメトーーク!「相方大好き芸人」のネタバレと感想とまとめ。