熱帯魚と聞くと、アクアリウムに詳しくない人でも頭に浮かぶのが「エンゼルフィッシュ」ではないでしょうか?

これはもう、熱帯魚の代名詞と言っても過言ではないかも知れませんね。

そんなエンゼルフィッシュには、たくさんの色や柄があり人気を集めています。

c49f08873084cda4ea4ba8fe3eac25a9_s_021218_105416_PM

人懐こくて、見ているとガラス面に近寄ってきてくれたりしますよ。ゆったりとした動きと美しさは、まさに天使!

飼育は難しいんじゃないかと思っている人もいるようですが、実は丈夫で育てやすいんです。でも混泳魚に気を配る必要もあり、全くの初心者さんには少し難しいかも知れません。

今回は、エンゼルフィッシュの特徴と飼育方法についてまとめてみました。

エンゼルフィッシュの特徴

ショップで売られているエンゼルフィッシュは、3cmくらいが多いようですね。その小ささに安心していると、後で大変。大人になると12~15cmにもなるんです。

横から見ると大きくても、正面から見るととても細いです。要するに、体がペラペラなのです。

野生では銀白色&褐色の縞模様が3本ですが、ショップで見るものには様々な色や柄があります。

生息場所はアマゾン川流域で、水の流れのない場所を好みます。水草の陰などにいるようです。

エンゼルフィッシュは、シクリッドの仲間です。シクリッドは基本的に獰猛な種。エンゼルフィッシュはその中では穏やかな方ですが、やはりシクリッドです。他のタンクメイトを攻撃することも珍しくありません。

スポンサードリンク

飼育は難しいの?

エンゼルフィッシュは、とても丈夫な魚です。ですが、少々気質が荒いところがあります。そのために、混泳魚を選ぶ時には細心の注意を払う必要があります。

逆に言えば、混泳魚さえ気をつければ良いので、飼育としては比較的簡単な部類に入ります。

水槽

先ほども書いたように、結構大きく成長します。そのため、水槽のサイズは60cm規格以上にしましょう。

特別な器具などは必要ありませんので、熱帯魚の飼育セットに入っているようなもので大丈夫です。

市販の餌でOKです。

混泳魚

他の魚とは、あまり仲良く出来ません。縄張り意識が強く、攻撃的になることもしばしば。

口に入るサイズでしたら、食べられてしまいます。稚魚や稚エビは大好物で、同じケースに入れてしまうと大変!

どんどん口に吸いこまれていきますよ。

グッピーのように、ヒラヒラした魚もやめましょう。エンゼルフィッシュがヒレをつついてボロボロにしてしまいます。

平和な環境を願うのでしたら、エンゼルフィッシュのみで飼育するのが一番安心です。混泳をさせるのでしたら、同じくらいの大きさの魚か、遊泳層が違うコリドラスなどが良いでしょう。

水草を入れてあげることで、ネオンテトラのような温和な魚との混泳も可能です。

最後に

熱帯魚の女王とも言われる「エンゼルフィッシュ」の、特徴と飼育について書きましたがいかがでしたか?

飼育する際には、混泳魚の選択に注意しましょう!そして、他の魚の隠れ家となる水草を入れてあげましょう。

それさえしっかり行えば、丈夫で飼育しやすい熱帯魚と言えます。

大きく成長すれば抜群の存在感。きっと特別な存在になることでしょう。