「猫を飼おうと思うけど、なるべく飼いやすい猫がいい」と思っている人が多いことでしょう。

やはり責任を持って飼う以上、猫には落ちつける環境で長く健康で暮らして欲しいですものね。

では、あなたにとって「飼いやすい猫」ってどんなタイプですか?

3058ed07f915f05099282f32653e0bb1_s_051018_024403_PM

それは人によっていろいろだと思います。

そこでここでは、いろいろな基準別に猫種をご紹介していきます。

どうぞ参考にしてみてくださいね。

子猫?成猫?

猫の年齢によって、飼いやすさも変わってきます。どちらが好みか、ライフスタイルに合っているか、よく考えて決めましょう。

子猫

警戒心がなく、環境への順能力が高い。

好奇心旺盛で、思わぬ所に登ったりする。予想外のハプニングが起こることも!

小さいうちは、長時間の留守が出来ない。

成猫

すでに性格が出来上がっているので、ある程度その猫のことを把握することが出来る。

落ち着きがあり、やんちゃな事をしないので安心。

環境に慣れるまでの時間が長い。

同居の動物と仲良くなれないかも知れない。

スポンサードリンク

雑種?血統書付き?

雑種の最大の特徴は、体が丈夫という事。純血種と比較して、先天的な病気が少ないのです。

また、里親募集サイトなどでいろいろな年齢や柄の子を探すことができます。

被毛の色のオリジナリティ豊かなのが魅力ですね。

抜け毛が少ない猫

ブラッシングをする時間があまり取れない人には、抜け毛が少ない猫が良いでしょう。

アビシニアンやブリティッシュショートヘアは抜け毛が少ないことで知られています。

遊ぶのが大好きな猫

猫を飼ったら、一緒にたくさん遊びたいという人には、アメリカンショートヘアが良いでしょう。

狩猟本能により、動くものを追いかけるのが大好き。

明るく物怖じをしない性格なので、子供がいる家庭にも溶け込めることでしょう。

一人暮らしや初心者さんに向いている猫

昼間仕事で家にいない一人暮らしさんや、猫を初めて飼うために行動の予測が出来ない初心者さん。

猫を飼い始めて、グチャグチャにされた部屋を見たら落ち込みますよね。

ですから、なるべく穏やかな性格の猫をおすすめします。

ラグドール、ペルシャ猫、スコティッシュフォールドが良いでしょう。

体が小さい猫

なるべく体が大きくならない猫が良いのでしたら、シンガプーラやミヌエット、マンチカンがおすすめです。

鳴き声が小さい猫

マンションやアパートなどで飼育する場合は、鳴き声が結構気になりますよね。

そんな人には、ロシアンブルーがおすすめ。あまり鳴かず、鳴いても声が小さいんです。

最後に

猫の種類によって、性格や特徴がいろいろ違っています。

ですから、猫の飼育を考えている場合は、自分が何を求めるかによって種類を決めると良いでしょう。

ブラッシングを楽しみたい人と、抜け毛が嫌だという人とでは、当然おすすめの猫種は違ってきます。

留守にする時間が多ければ子猫は難しいですし、ヤンチャな性格の猫も大変ですね。

ですから、自分のライフスタイルも考慮する必要があります。

いろいろな方向から考えて、ペットショップの人に質問などもして納得した上で決めましょう。