春になり暖かくなると、くしゃみが出たり、鼻がムズムズしてしまったり、目がかゆくなったり花粉症の症状が出る人には辛い時期ですね。

仕事や学校など、普段の生活にも少なからず影響が出ている人もいるのではないでしょうか?

そこで、少しでも症状を緩和してくれると言われている食べ物、ヨーグルトとバナナをご紹介いたします。

8368fc91361acac481ebc458dae4a703_s_030517_082529_PM

花粉症対策に効果が期待できる食材ヨーグルト

ヨーグルトに入っている乳酸菌は腸内環境を整え、免疫力を高めてくれる効果があるとされています。

免疫力を高めてくれることで花粉症の症状を緩和してくれるのです。

具体的な食べ方としては花粉症の症状が出始める2ヶ月ほど前からヨーグルトを食べると効果的だと言われています。腸内環境を整えることで花粉症対策の効果があるとされているので、2ヶ月ほど前から毎日続けることが重要です。

症状が表れてからヨーグルトを食べてもあまり効果は期待できないようです。

毎日続けることで腸内環境を良い状態に改善していきたいですね。

最近では様々な菌の種類のヨーグルトが販売されているので、それらも試してみると良いかもしれません。

ヨーグルトを食べる際は、白砂糖を入れてしまうとビタミンBなどの成分が減少してしまうため、お勧めできません。蜂蜜やフルーツなどを入れて食べることをオススメします。

スポンサードリンク

花粉症対策に効果が期待できる果物バナナ

バナナに含まれる食物繊維は、花粉症対策に効果があるとされています。

ヨーグルトでの効果と同じように、腸内環境を整えることで花粉症の症状を緩和してくれます。

また、バナナに含まれるビタミンE、ビタミンCポリフェノールは免疫のバランスを高めて効果があるとされています。これらの成分は抗酸化作用が高く、アレルギー症状を抑える作用があるのです。

バナナの花粉症対策での効果的な食べ方としては、こちらも花粉症の症状が出始める2ヶ月ほど前から毎日2本のバナナを食べ続けると効果的とされています。

やはり、腸内環境を整えることで症状をやわらげるため、毎日食べ続け改善していくことが重要なようです。

また、バナナは温めることで効率よく成分が吸収できるので、焼きバナナやホットバナナで食べることもオススメです。

電子レンジやトースターなどで簡単に作れるので調理もお手軽にできますね。ヨーグルトと一緒に食べるのも良いですね。

最後に

花粉症対策の食べ物としてはその他にも、青魚、レンコン、わさび、たまねぎなどが挙げられます。

基本的には、食べ続けることで効果が期待できる食べ物が多いので、自分にあった無理のない食材で続けていきましょう。

食べ物なので、薬などのように即効性があるわけではありませんが、花粉症の症状を緩和してくれるこれらの食べ物で、少しでも辛い症状を乗り切りたいですね。