身体にある血管を通って、私たちに必要な、酸素や栄養を細胞まで届けているのが血液です。

その血管や血液やの状態で、その人の生活習慣が分かると言われているほど、密接に関係しています。

s血管年齢下げる食べ物_052317_114314_AM

流れる血液がドロドロでは、全身まで行き渡らず、血管の老化を促進させることにもなります。

血管がもろく、実年齢より血管年齢が老けている、という事態は避けたいものです。

血管が悪い状態だと、死に関係する病気の恐れも・・・

血管の状態が悪くなり、硬くなったり、もろくなったりしてしまうことを、動脈硬化と言います。

動脈硬化は、血管が狭くなったり破れてしまったりするので、血液がスムーズに流れなくなります。

恐ろしいのは、それが原因で病気につながってしまうことです。

脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血、心筋梗塞、狭心症、大動脈瘤りゅう、腎不全など、どれも恐ろしい病名ばかりが並びます。最悪の場合、死に関係するような病気ばかりです。

しかし、血管は年齢と共に老化していくので、年齢を重ねると、血管の壁が厚くなり弾力が弱くなってきます。そのため、血管のしなやかさが失われてしまいます。

そうならないためにも、日頃から血管にやさしい食事や生活習慣に気を付け、身体を中からケアをすることが大切でしょう。

高コレステロールや糖分の多い食事、過度な飲酒や喫煙、運動不足などは、血管の老化につながります。

血液がスムーズに流れ、全身に必要な酸素や栄養を十分に行き渡らせることができる、しなやかで弾力性がある健康な血管を手に入れましょう。

スポンサードリンク

血管年齢を下げてくれる栄養素が含まれている、食べ物や飲み物

ドコサヘキサエン酸(DHA)&イコサペンタエン酸(IPA)

有名な不飽和脂肪酸で血栓を防ぎ、血中コレステロールを減らす作用があります。

ハマチ、イワシ、ニシンなどに多く含まれます。

オレイン酸

血中コレステロールを減らす作用があります。

アーモンドなどのナッツ類、オリーブ油などに多く含まれます。

タウリン

肝臓で分泌される胆汁酸にはコレステロールを排泄させる働きがあり、この分泌をうながす作用のある成分です。

スルメの表面の白っぽい粉が、タウリンの結晶です。

スルメ、サザエなどに多く含まれます。

ダイズサポニン

酸化された脂質の生成を抑えてくれます。

大豆、納豆などに多く含まれます。

ポリフェノール類

悪玉コレステロールの酸化を防ぐ働きをしてくれます。

緑茶、紅茶、ブドウ、リンゴ、ゴボウ、レンコン、赤ワイン、チョコレートなどに多く含まれます。

その他

その他にも、シソやワカメなどに含まれているα-リノレン、酸ゴマなどに含まれているゴマリグナン、大豆などに含まれているレシチンやコリンなどもあります。

最後に

実年齢と違って、血管年齢を下げることは可能です。

血管年齢を下げる食べ物や飲み物は、上記以外にも、多くの食材に含まれています。

毎日、同じ食材を食べ続けなければ、効果が無いと言うことはありません。ご自身が摂りやすい食材や、飲み物を選んで食べてください。

そして、食事の際に心掛けたいことは、しっかり噛むことです。
噛むことで、唾液が分泌され消化や吸収を助けてくれますし、食べ過ぎの予防にもなります。
また、集中力や記憶力がアップするなどの、効果もあるようです。

日々の食生活に気を付けることから始めて、身体も心も、元気で楽しいライフスタイルを!