昔から多くの方に好まれる梅干し。

梅干しにどんな効果があるのか、ご存知でしょうか?

a6c63f72d6b366ddf34e59a657044197_s_050217_014357_PM

今回は、梅干しについて、まとめてみました。

梅干しの効果効能

殺菌効果

梅干しに含まれるクエン酸が食あたりや食中毒を防ぐ高い殺菌効果があるため、お弁当によく使われています。

インフルエンザや風邪に

毎年、冬に流行しているインフルエンザにも効果を発揮します。

インフルエンザの予防・感染初期に梅干しを摂取するのがオススメです。

また、免疫細胞のマクロファージを増やす働きがあるため、免疫力を高め風邪を引きにくい体にします。

胃がん

梅干しには、ガンの原因のピロリ菌を抑制する力があります。

ピロリ菌には、1日2粒程度の梅干しを摂取することで効果を発揮します。

生活習慣病

梅干しには、生活習慣病を予防する効果があります。

血圧の上昇をふせぎ、動脈硬化や心臓病の予防対策になります。

特に、糖尿病を防ぐ効果があります。

ダイエット

梅干しに含まれるバリニンには、脂肪燃焼効果が期待されます。

疲労回復

梅干しに含まれるクエン酸が、疲労回復に良いと言われます。

夏バテ

夏場には汗を多くかくため、梅干しを食べることで、塩分を補給することができ夏バテ対策に効果的です。

食欲不振

梅干しの酸味成分であるクエン酸は唾液や胃液、消化酵素の分泌を高め食欲を増進させ、消化吸収を助けてくれます。

二日酔い

肝臓の働きを高めるため、アルコールを分解するので二日酔いに効果的です。

他にも、美肌、むくみ解消、老化防止、虫歯予防などにも効果的です。

スポンサードリンク

梅干しの賞味期限

梅干しは賞味期限が長いため、保存食とも言われています。

梅干しの賞味期限はさまざまで、作り方によっては賞味期限がないものもあります。

梅を漬け込む塩分濃度が20%以上あり、温度が一定で冷たく暗い場所で保存することで賞味期限を気にする必要がなくなります。

最近では減塩のものや蜂蜜で加工されたものが販売されていることが多く、賞味期限は約6ヶ月程度です。

塩分が18%~20%のものであれば、賞味期限は1年程度です。

調味梅干しの場合は、開封後すぐに冷蔵庫に入れて保管することをオススメします。

梅干しの克服方法

体に、いいことばかりの梅干し。

酸味が強いこともあり、苦手な方もたくさんいらっしゃいます。

梅干しは加熱することで、酸味を抑えることができ食べやすくなります。

他には、梅ジュースや梅ジャムもオススメです。

最後に

梅干しは、色々な良い効果が期待できますが、1日1個〜2個程度を食べるようにして食べ過ぎによる塩分のとりすぎには十分注意しましょう。

梅干しは、体に良いことばかりですので、1日の食事に積極的に取り入れてみてください。