脇の下が黒ずみになってしまう原因

薄着の季節がやってくると、何かと気になってしまうワキの下…。キレイに脱毛したはずなのに、ワキが黒ずみになっていたら大変です!

ワキの下の黒ずみは、メラニン色素の沈着が原因のようです。

毎日着ている服や下着と、ワキの下の摩擦でお肌が刺激されてしまい、色素沈着が進んでしまうそうです。身体にピッタリとした服やキツイ下着は、より摩擦が大きくなってしまうため、黒ずみの原因になるでしょう。

s-脱毛後ワキ黒ずみ_030518_120526_AM

また、汗をかいた服のままでいることも、ワキの下の黒ずみの原因を作ってしまうそうです。暑い時期や運動した後などは、ワキの下も汗をかいているでしょう。下着や服についた皮脂汚れがワキの下を刺激し、黒ずみを招いてしまうようです。汗をかいたら、こまめに拭いたり着替えたりして、ワキの下を清潔に保つよう心掛けましょう。

しかし、汗をかいてニオイが気になるからと言って、制汗剤を使いすぎるのも、ワキの下にとっては良くないようです。汗を出してるくれる汗腺を、制汗剤が塞いでしまいます。使い方には注意が必要でしょう。

ワキの下を清潔に保つことは大切ですが、過剰な洗いすぎは、お肌の乾燥を引き起こしてしまい、かえって逆効果です。ワキに刺激を与えないよう、石けんやボディソープを泡立てて、やさしく洗いましょう。

スポンサードリンク

ワキ脱毛後に黒ずみを作らないケア

ワキ脱毛をする場合、お肌に負担を与えないように注意して行いましょう。

カミソリなどで脱毛する際は、ワキの下にクリームを塗って、カミソリと皮膚の摩擦を防ぎましょう。良く切れるカミソリを使うのが安心です。そして、剃る方向は毛の流れに沿って、カミソリの刃を滑らせるようにしてゆっくり剃りましょう。

しかし、どんなに気を付けても、脱毛後のお肌は刺激を受けています。

脱毛後に何のケアもしないと、炎症を起こしてしまいます。その結果、メラニン色素が過剰に生成されてしまうため、色素沈着が起きてしまい、黒ずみができやすくなってしまいます。脱毛後のワキは、お肌に合った化粧水や美容液で、保湿をしましょう。美白効果のある化粧水や美容液を使えば、より効果的でしょう。

最後に

ワキの下の黒ずみも顔のお肌と同じで、不規則な食事や生活習慣などが原因の場合もあるようです。

皮膚には、ターンオーバーと言う再生機能があるため、脱毛後に刺激されて出来てしまった黒ずみも、少しずつ消えていくでしょう。

しかし、栄養不足や加齢で機能が低下してしまうと、黒ずみは解消されにくくなってしまいます。

黒ずみ予防や解消に効果があると言われている、ビタミンCやビタミンEを積極的に摂るようにして、体内からも黒ずみ対策を心掛けましょう。