寒暖の差が大きくなると、マスクをする人が増えます。そして、乾燥するとウィルスが増えて風邪を引きやすくなり、喉も痛くなります。

今は、風邪やアレルギーで使用する頻度が増えていることもあり、マスクの種類が豊富です。

861288a71ee06e50de4e4adff23034e1_s_111316_093443_PM

「濡れマスク」は、他のマスクとは少し違います。使用したことがある人は、個人差はあると思いますが、適度な湿気があることで、風邪症状が緩和します。

市販の濡れマスク以外にも同じように使用できないのか?効果はどのくらいなのかの知識を得て、これからの季節に役立てたいと思います。

濡れマスクと風邪について

濡れマスクは、風邪予防などに最適ですが、知っている人は多いでしょうか?風邪のウィルスは乾燥していると増えます。

風邪は、ウィルスや細菌などが入ってくると、必ずかかるわけではありません。侵入口になる、主に鼻と口でやっつければ風邪にはなりません。そこで湿度のある状態が大切になります。

室内全体を加湿して、湿度をあげることも効果的ですが、ダニやカビに悩まされる問題もあります。そのため、濡れマスクが効果的になります。

風邪が悪化するのは夜の睡眠中とも言われています。朝起きたら喉が痛いことはよくあります。そのため、風邪の予防と、風邪のひき始めのときの悪化を防ぐには、濡れマスクが簡単でオススメです。

口呼吸の習慣がある人は、風邪を引きやすいとされています。

濡れマスクは、鼻呼吸を促してくれるので、毎日、使用すること予防になります。

スポンサードリンク

濡れマスクの作り方

濡れマスクと聞くと、市販品で売っている濡れマスクを思い出します。けれども、枚数は少なく、使い捨てなので、マスクの中では高価で、毎日使用することはためらいます。けれども、濡れマスクは作ることができます。

ガーゼマスクなら、上の3分の1を外側に折り、折った部分を軽く濡らして水が垂れない程度に絞り、鼻にかけずに、口を覆うようにマスクをします。

紙タイプなら、布ガーゼを用意して、布ガーゼを濡らし、2枚のマスクで挟んで使用します。この方法なら、ハンドメイドで、ポケット付きの物を手作りすると使用できます。手作り品は、子供から大人までいつでも使えて便利です。

また、アロマオイルを垂らして使用することも効果があります。アロマオイルを使用する際には注意点もありますので、確認してから使用してください。

濡れマスクの効果

濡れマスクは、口からのウィルスの侵入を防ぎ、免疫力の働きを正常化するので、風邪予防や、悪化阻止ができます。

また、咽頭・声帯を保護してくれるので、喉の痛みがあるときはオススメです。

口呼吸が習慣の人は、鼻呼吸へと促してくれるので、風邪の効果だけでなく、自然と頭痛の症状を予防してくれます。そして、鼻づまりも解消してくれるので、眠りの質が上がります。

花粉やハウスダストで悩んでいる人、アレルギー性の咳にも効果があります。

最後に

冬になると、風邪に注意する人が多くなります。

濡れマスクの効果を知ると、風邪対策として寝るときに使用して予防につなげたいと思います。

子供がいる家庭は特に、風邪に敏感になるので、濡れマスクを使用してもらいたいと思います。

けれども、効果については個人差があるので、参考としてください。