ハムスターを代表する種類とも言えるのが、ゴールデンハムスター。

他の種類よりも大きな体が特徴で、表情が豊かなこともありペットとして人気を集めています。

79859086edbc5374e53fa39d1e2863cb_s_031818_101121_PM

そんなゴールデンハムスターの性格や寿命などについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

飼育を始める前に、是非読んでみてくださいね。

ゴールデンハムスターって、どんなハムスターなの?

体の大きなハムスター。今では様々な毛色がありますが、ノーマルカラーは白地に茶色のブチ模様です。

シリアを発祥地とするために、ノーマルカラーはシリアンハムスターというのが正式名です。

ノーマルカラーは原種に近い事もあり、体が丈夫で賢い傾向にあります。初心者におすすめですよ。

ゴールデンハムスターには、ノーマル以外にも以下のようなカラーがあります。

キンクマ

全身クリーム色をした、優しい印象のハムスターです。温厚な性格で人によく懐くのが特徴。

ホワイト

真っ白な遺伝子というのは無いのですが、限りなく白に近いカラーがいます。

ブラック

クロクマと呼ばれることもある、真っ黒なゴールデンハムスター。

三毛

殆どがメスというのは、猫と一緒ですね。たまにオスがいますが、繁殖能力がない場合が多いです。

バンデット

お腹周りがぐるりと白く、腹巻をしているような模様です。

ダルメシアン

犬のダルメシアンのような、白と黒のブチ模様。生まれる前に死んでしまう事が多いため、なかなか出ない希少な柄です。

他にも、こげ茶、ミンク、グレーなどのカラーがあります。

それぞれの毛色で、長毛や巻き毛、サテンなどの特徴を持った子もいて、バリエーションが豊富です。

スポンサードリンク

ゴ―ルデンハムスターの性格は?

おっとりした子が多く、とても温和なのが特徴です。人に慣れやすいので、初心者が飼いやすいハムスターと言われています。

体が大きいこともあり、豊かな表情を楽しむことが出来ますよ。手の上に乗せた時の重量感は、ゴールデンハムスターならではです。

寿命はどれくらい?

他のハムスターと同じく、2~3年です。

長生きしてもらうには、やはり毎日の食事に気を配る必要があります。

主食は種子類ではなく、栄養バランスの整ったペレットにすると良いでしょう。

また、ストレスは大敵です。人間の都合だけで触らないようにしましょう。

値段はどれくらい?

お店によってバラバラですが、大体1000~2000円といったところです。

やはり、見た目が珍しい個体は値段が高くなる傾向にあります。

ノーマルカラーなら、1000円以下のお店も多いですよ。

最後に

むっちりとした大きな体が魅力の、ゴールデンハムスターについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

基本の色以外にも、とてもたくさんの色があることに驚きますね。

珍しい色はペットショップに並ぶことが少なく、いたとしても高額な場合が多いです。

性格が温和で懐っこいのが特徴のゴールデンハムスターを、あなたも飼ってみませんか?