体力に自信がないけれど、ハイキングに出かけて自然に触れ合いたい。

そこで本やネットなどで情報を探してみるものの、自分とってこのコースはハードなのではと二の足を踏んでしまう方は結構多いのではないでしょうか?

今回ご紹介する、北鎌倉にある台峰緑地は、そんな方にぴったりのハイキングコースです。

歩いてみてハードだと思えば途中リタイアもでき、もう少し歩けそうだと思えば鎌倉駅まで足を延ばすこともできる、そんな台峰緑地のおすすめのポイントをご紹介したいと思います。

おすすめポイント1・・・駅から近い

鎌倉のハイキングコースの中にはコース入口まで徒歩30分くらいかかるところもありますが、台峰緑地は北鎌倉駅から徒歩10分ちょっとの場所に入り口があります。

北鎌倉西口を出て右方向に行くと小坂郵便局があります。その先を左折、光照寺の前を通って坂を上り稲荷神社を目指しましょう。稲荷神社の先に山道の入り口が見えてきます。

スポンサードリンク

おすすめポイント2・・・整備されている

鎌倉の他のハイキングコースは枯れ枝や笹などが放置されていることが多いのですが、台峰は地域の有志の方々が「子供たちが遊べる森」にすることを目的に定期的に保全に努めています。

里山を手入せずに放っておくと、視界が悪く森も鬱蒼として暗くなりがちです。しかし、台峰ハイキングコースは地域の皆さんのおかげでとても見通しが良く、木漏れ日が射す森は明るいので安心して歩くことができます。

s-41ED48B8-D71D-42B5-B0F5-B88F887D1142_040718_011912_PM

おすすめポイント3・・・休憩スポットがある

コース入口から徒歩10分ほど歩いたところに見晴らし台があって、台峰の木を伐採して作ったベンチが置いてあります。

ここに座ると視界が広く開けていて、前方に山々が見えます。丁度北鎌倉方面になるのでしょうか、山の中腹にお寺の屋根などが見え隠れしています。

ベンチ周辺は広々としているので、敷物を敷いてお弁当を食べている人もいますが、トンビがいるので気をつけましょう。子供たちも楽しそうに走り回っていました。

s-7FC62EAB-053F-4F17-A86D-9AFA5C99BCCA_040718_012029_PM

おすすめポイント4・・・途中車道に出るスポットがある

見晴らし台から10分ほど歩くと、山ノ内配水池の脇を通り、北鎌倉から梶原の住宅街へ抜ける道路に出ます。

この時点で体力的にきついと思えば携帯電話を使ってタクシーを呼んで北鎌倉駅へ戻ることもできます。タクシー会社の電話番号をあらかじめ調べておくとよいでしょう。

iPhoneがあればその場で調べることもできますね。

おすすめポイント5・・・源氏山公園へも行ける

車道まで出て体力に余裕があると思えば、源氏山公園へ足を延ばすことができます。

山ノ内配水池から10分程度で源氏山公園内にある葛原岡神社に到着です。神社前の広場にはテーブルとベンチも設置されているので、疲れていればのんびり休憩をして体力を回復することができます。ちなみにここの屋台で売られている玉こんにゃくは山形県にある山寺から取り寄せているのだそうです。

源氏山公園から鎌倉駅に行くには、銭洗弁天から佐助を抜ける行き方と寿福寺から扇ガ谷を抜ける行き方がありますが、寿福寺から駅へ行くほうが近道です。葛原岡神社からは20~25分程見ればよいでしょう。

化粧坂もありますが、そちらは下り坂が険しく遠回りになるので注意が必要です。

山を下る際は左手に現れる寿福寺の墓地を横切ると階段があるので、そこからのほうが楽に下りることができます。

苔の美しい寿福寺。その門を出たところは扇ガ谷です。

小町通りも近いので、下山した後休憩するカフェには事欠きません。

最後に

台峰緑地から源氏山公園を経て鎌倉駅へ抜けるルートは、自然をきちんと満喫しながらも、所々休憩スポットがあり、各ポイントごとの所要時間が10分~20分程度のところが多いので、初心者や体力に自信がない方がまず手始めに取り掛かりやすいのではないかと思います。

それほどハードではありませんが、ハイヒールは避け、歩きやすい靴で出掛けてくださいね。

それぞれの体力に合わせて調整ができる台峰ハイキングコース。今度の休日に是非出掛けてみては如何でしょうか?