金曜ナイトドラマ枠に「家政夫のミタゾノ」が1年半ぶりに帰ってきました。

あらゆる家事でプロの技術を持つスーパー家政夫・三田園薫が前シリーズに続いて家庭の裏に潜む醜い秘密を暴いてゆきます。

0205aefde6982692144fe3074778380e_s_043018_031459_PM

そして、今シリーズではどんな家事の裏技を披露してくれるのでしょうか?

「家政夫のミタゾノ」1話のあらすじと家事の裏技ネタバレをまとめました。

家政夫のミタゾノ1話あらすじ

むすび家政婦紹介所に新人家政婦として登場したのは剛力彩芽さんが演じる五味真琴です。

真琴は、派遣された花沢ネジ製作所の社長・花沢進助(橋本じゅんさん)と夫を献身的に支える妻・美代子(森脇英里子さん)の仲睦まじい姿を見て感激します。

そして社長や社員達の「ど根性ネジ」の開発にかける思いを知って、真琴は家事で彼らに尽くすことを誓います。

三田園の登場

ところが、真琴はバニラアイスにコーヒーとお醤油を垂らしたデザートを楽しんでもらおうと、たまたま工場に訪れた取引銀行の融資担当の岡田(是近敦之さん)に薦めますが誤って岡田のワイシャツにアイスをかけてしまいます。

岡田は激怒して「弁償しろ、こいつをクビにしろ!」と怒鳴ります。

そこに現れたのが所長から応援を頼まれた“伝説の家政夫・三田園薫(松岡昌宏さん)“でした。

買い物かごから取り出した大根でワイシャツの汚れはたちどころに消えてしまいます。

花沢夫妻の真実

ここから真琴と三田園はペアになって花沢の家の家事をしてゆきます。

真琴は妻を信じて銀行との交渉を任せている花沢を尊敬し社員も信頼できる人たちだと思うのですが、三田園はその中に素性を隠した人がいると言います。

実はその頃、銀行で融資の交渉を進めているハズの花沢の妻・美代子は銀行員の岡田のマンションで不倫中だったのです。

真琴が見ていた仲睦まじい夫妻は実は仮面夫婦だったのです。

帰って来た美代子に花沢は融資が進展しないことに激怒し汚い言葉で美代子を罵ります。

ど根性ネジ完成

花沢社長と社員達が一丸となって開発してきた“ど根性ネジ”が驚異の耐久性能10万トンを計測し、遂に完成します。

自動車や産業機械からロケットの部品まで応用範囲の広い耐久性の強いネジは応用分野が広く価値が高いのです。

それ以来、工場内は一気に喜びで沸き返りますがある日花沢社長は工場を閉鎖し会社を解散させることを突然発表します。

そして、“ど根性ネジ”の特許を競争相手に売却したことを悪びれもせず社員に伝えます。

社員の正体

呆然とする社員達ですが、ここで工場から煙があがり火事を知られる警報機のベルがなります。

工場の中にいた者たちは皆一斉に出口から逃げようとしますが、出口のドアは“ど根性ネジ”で堅く閉ざされていたのです。

足を怪我して杖を突いていたハズの老社員もその足でドアを蹴破ろうとして正体があらわになります。

そのうえ、花沢社長を慕っていた若い社員4人すべてが、社長が妾に産ませた息子だったことも明らかになってしまいます。

“ど根性ネジ”の性能

いよいよ煙が工場内に充満します。

そこに何故か現れた三田園がハイヒールを履いた足でドアを蹴ると、なんと!“ど根性ネジ”は折れてドアは開きます。

しかも、ドアの外には三田園に弱みを握られ指示された銀行員の岡田が仕掛けた発煙筒が煙を出していました。

三田園は、工場の若い社員が計測器を操作して“ど根性ネジ”の耐久性能を偽装しているのを知っていたのです。

出直し

特許が売れないと悟った花沢社長は工場を処分するため業者を呼んで案内をしています。

しかし、評価はタダ同然。

その時、工場の通路の幅いっぱいに干された作業服が社長の目に留まります。

それは、きたなく汚れて一旦は捨てられかけた古い作業着だったものでした。

三田園は家事の裏技の知識でそれを綺麗に洗い上げ蘇らせていたのです。

花沢社長はそれを見て「ここで初めからやり直そう!」と決意するのでした。

第1話の家事の裏技ネタバレ

「家政夫のミタゾノ」シリーズでは毎回登場する家事の裏技があります。

第1話では、バニラアイスとコーヒーや醤油を垂らすと意外に美味しい味の変化を楽しめることや大根で染み抜きを簡単にできることが紹介されていました。

その他にも、米のとぎ汁で無垢材の床を拭くと糠の油分が床に浸透して磨きがかかると三田園が説明するシーンが放映され。

そして、劇中汚れた衣類の洗濯は、重曹を入れて煮るのが効果的とドラマの最後でネタバレもありました。

第1話のゲスト出演者の橋本じゅんさんとは?

第1話で花沢社長を演じた橋本じゅんさんは、劇団☆新感線に所属する俳優です。

劇団☆新感線と言えば、古田新太さんやかつては渡辺いっけいさんも所属していた劇団です。

大阪芸術大学舞台芸術学科のメンバーで立ち上げられ、卒業生で構成される劇団☆新感線の中で橋本じゅんさんは中心的存在。

2015年に催された劇団の35周年興行の舞台「五右衛門VS轟天」で剣轟天を演じ、舞台衣装そのままの姿でフジテレビの「ごきげんよう」に出演し番組宣伝したことは記憶に残っています。

最近ではドラマ出演でお馴染みの顔になっていて日本テレビの「今からあなたを脅迫します」では、レストランの店主・若林亮介で複雑な事情を抱えた人物の役柄を巧く演じていました。

最後に

金曜ナイトドラマ「家政夫のミタゾノ」第1話は新人家政婦・真琴の目からは信頼し切っているように見えた花沢社長夫妻や社員との人間関係が実は偽物だったことを三田園は見破っていました。

その上で三田園は、驚異の洗濯の裏技を使って作業着だけじゃなく花沢ネジ製作所自体を再生させたのです。

それにしても、ハイヒール姿のままネジで締められたドアを蹴破った三田園の運動能力には驚かされました。

ただしいつも思うのですが、家政夫として派遣されて来た初日、勝手にタンスを開けて調べるのはどうなのだろう、そう感じませんか?