「家政夫のミタゾノ」第2話では、お互いに愛情が冷めかけたと思い始めた夫婦のお話です。

果たして三田園(松岡昌宏さん)は家事の力で2人を元に戻すことは出来るのでしょうか?

a6255ea708a949cd0a529d76002139d5_s_050318_045010_PM

「家政夫のミタゾノ」第2話のあらすじと家事の裏技ネタバレをまとめました。

家政夫のミタゾノ第2話あらすじ

浮気現場

むすび家政婦紹介所から真琴(剛力彩芽さん)と三田園が家事を依頼された家に行ってみると主人の矢吹研一(近藤公園さん)が妻の留守に若い女ルミ(片山萌美さん)を家に連れ込んでいるところに遭遇します。

矢吹は酔っていて覚えていないと三田園に言い訳をして、妻の理沙子(矢田亜希子さん)には内緒にして報酬を上乗せするからルミがいた痕跡をすべて消して欲しいと頼みます。

真琴が拒む中、三田園はあっさりと矢吹の願いを聞き入れてしまいます。

ハニートラップ

矢吹の願い通りにルミの痕跡をすべて消した三田園は、帰って来た妻の理沙子の行動を疑い始めます。

理沙子がこっそり探偵事務所に矢吹の浮気調査を依頼して疑いがなかったという報告書を三田園は机の中から見つけていたのです。

実は理沙子は矢吹の飲み仲間の弁護士と深い関係になっていて、矢吹と離婚して高い慰謝料を奪おうとしていたのです。

そこで、ルミを使って矢吹にハニートラップを仕掛けさせていたのです。

結婚詐欺師

それを全部見抜いた三田園は、まず弁護士の男を疑い実は結婚詐欺師だったことを突き止めます。

しかし、理沙子の気持ちが矢吹から離れたのはある誤解が原因と解かった三田園は詐欺師の男の情報を天井に張り付けて理沙子に気付かせようとします。

一方、矢吹には家の周辺から理沙子を監視させて、弁護士を装った結婚詐欺師が理沙子から金を奪おうとする瞬間を目撃させたのです。

三田園が予測した通りに矢吹は家に戻って妻・理沙子を救います。

こうして夫婦は元のさやに戻りました。

スポンサードリンク

第2話家事の裏技ネタバレ!

第2話では浮気の証拠を消すために2つの家事のテクニックが披露されました。

その1つはワイシャツに着いた口紅を落とす裏技です。

クレンジングオイルを塗って歯ブラシでこすり落とし、洗剤で揉み洗いするというもので意外と簡単に口紅は消えました。

もう1つは緑茶を含ませたタオルで部屋の匂いを消す裏技でした。

タオルをブンブン振り回して部屋中に水分をばら蒔くのがコツです。

それとは別に、ガラス窓を拭く際には食器用洗剤を20倍に薄めて拭き、キッチンペーパーで水分を拭きとると汚れも落ち水滴が付きにくくなってカビ防止にもなるという技もありました。

今回は外から様子を監視していた矢吹が妻の危機に気が付いて戻るのに役立ちましたね。

矢田亜希子さんって誰?

第2話で妻の理沙子を演じていたのは矢田亜希子さんです。

フジテレビの月9ドラマが全盛期の2000年に、34.2%の最高視聴率を記録した「やまとなでしこ」で 客室乗務員役の塩田若葉を演じた女優さんです。

主人公の神野桜子(松嶋菜々子さん)の後輩乗務員だけど合コンで、桜子に思いを寄せる中原欧介(堤真一さん)に出会い恋をする役でした。

2006年に結婚をして芸能活動を休止していた矢田亜希子さんですが、離婚後しばらくして2010年から女優復帰を果たし最近ではドラマや映画にも出演されています。

今年冬期のドラマ「ファイナルカット」でも1話にゲスト出演して以前と変わらない演技をみせていました。

最後に

「家政夫のミタゾノ」第2話で矢吹の妻・理沙子を演じていた矢田亜希子さんの演技には、最後に少しコミカルなところがあって浮気妻なのに憎めない持ち味がありました。

そう言えば「やまとなでしこ」でも恋人同士の桜子と欧介の間にちゃっかり割って入るという役でしたね。

今回ばかりは三田園も理沙子を矯正は出来なかったようです。