時は戦国、場所は遠江。他国との戦や計略により、井伊家が治める伊井谷城では領主が次々と亡くなり、ついに残されたのは、姫と分家の幼い男児のみとなります。

姫は、男児が成長するまでの後見人として、城主となって国を切り盛りすることに。「おんな城主 直虎」の誕生です。

5ec9e99fe2d113b5822b3b1c17236f34_s_042317_111328_PM

そんなこんなで、2017年4月16日放送の「おんな城主 直虎」の第15話のあらすじと感想とネタバレ少々です。

どうなる、「おんな」の対決

第15回4月16日放送の副題は、「おんな城主対おんな大名」。

井伊家城主直虎(柴咲コウさん)と、今川家の影の支配者と言われる寿桂尼(浅丘ルリ子さん)との対決が描かれます。

戦で疲弊した領民たちは、今川家に徳政令を直訴します。しかし直虎は単純に徳政令を行っても民の暮らしは良くならないと考え、徳政令を実行しません。

今川の命令に、背いた状態です。

また、今川家は幼い男児、虎松(寺田心さん)の後見人に井伊家家老の小野政次(高橋一生さん)を押していましたので、正式には直虎を後見人と認めていない状態です。

井伊家は今川家の支配下ではありますが、現在この2点で対立しています。寿桂尼は徳政令を実行しない直虎を呼びつけ、申し開きをするように命令します。「見逃してもらえませぬかね?」と困り笑顔の柴咲コウさんが可愛らしい。

さて直虎はこのピンチをどう切り抜けるのでしょうか?

駿府への道中

申し開きのため駿府へ向かう直虎は、道中何者かに襲われます。足がすくみ動けない直虎。ついには後見人を政次に譲ると言い出します。

こういうところは他の戦国ドラマと違って、「おんな」城主ならでは。国を治めると言っても、戦国の世ですからなにかと物騒。やはり女性では難しいのかなとドキドキしてしまいました。

直虎と政次は、後見人をめぐるライバルのような、主家と家臣でありながら緊張感のある関係です。蛇を見て腰を抜かす直虎。男勝りとはいえやはり女性でか弱い直虎に、守ってあげねば!という恋心のような思いが政次にあるのかな~、などと想像。

2人は、幼馴染でもあります。が、そういう展開にはなりませんでした。

私は高橋一生さんのファンなので、妄想が空回りしております。調べると直虎は、生涯独身で過ごすそうです。

直虎は、家臣中野直之(矢本悠馬さん)との入れ替わり作戦で無事に駿府にたどり着きます。

この矢本悠馬さん、家臣という役どころですが存在感抜群です。道中襲われた際、見事な立ち回りで賊を倒します。かっこいい!一本気なキャラを演じており、それがピッタリのつぶらな瞳がかわいらしいです。今後も注目のバイプレイヤーだと感じました。

いざ直接対決!

「後見人を譲る」と政次をも騙し、駿府にたどり着いた直虎。私も見事に騙されました。

寿桂尼と面会し、申し開きを行います。緊張の場面、浅丘ルリ子さんの迫力ある演技は威厳たっぷり、さすがです。

直虎は「今川の下知には逆らいませんよ」というスタンスで話しつつも、徳政令の件と自分の後見人の座は譲りません。政次の出した、虎松の母の「直虎の後見人を望まない」という手紙により形勢不利になる直虎。しかし井伊谷の民の「直虎に後見人をしてもらいたい」という署名が届き、寿桂尼はついに直虎の後見人の座を認めます。

直虎は無事に徳政令の件での申し開きを切り抜け、後見人として今川家から正式に認めてもらうことに成功しました。

直虎の民への思い

直虎は「民を潤し、国を潤す」という方針を伝え、徳政令の件を寿桂尼に申し開きます。

この民を思った方針は素晴らしいですね。

井伊谷に帰ると、家臣も民もみんなで直虎の無事を喜びます。民に慕われる領主である直虎。理想の領主像だな、と感じました。戦国時代のお話しですが、大名の話と違って小さな所領です。中小企業のような、民との一体感がいいですね。

次回はこの「民を潤す」を実現させるための政策のお話しのようです。

どのように実現させるのか楽しみです!