4月は、入学シーズンです。

入学までの準備は、たくさんあります。また、入学式当日の服装も考えさせられます。

入学は、子供の成長の中で嬉しいことです。けれども、親としては小学・中学・高校・大学と違いはありますが、特に小学の入学は、親が気を配ることが多いです。

入学前日に焦ることがないように、入学について考えてみたいと思います。

c03738316dc38d98350b7aba0dae48ac_s_031017_050701_AM

入学準備について

小学校の入学準備で、まず思い浮かぶのは「ランドセル」です。ランドセル選びには、個人差がありますが、夏頃に予約する人が多いです。

その他の学校で必要な物は、1月~2月の間に各小学校で行なわれる入学説明会後に始めるので十分です。

袋物についてもサイズや生地を指定されることもあるので、説明会後がオススメです。

その他に、生活習慣の準備も大切です。朝の生活リズムを整えること、小学校までの道のりを一緒に歩いてみるなど、子供のペースに合わせて準備してください。

また、先輩ママに色々と聞くことも参考になることが多く、焦る気持ちが減るので心のゆとりもできます。

スポンサードリンク

名前つけについて

子供の名前つけも、大変な作業です。

今では、お名前シールやスタンプなどが、増えています。

お名前シールは、一般的にはオーダー式が多く、種類やサイズが豊富で使いやすいです。その他に、名前シールのシートを購入して、パソコンでレイアウトを制作し、プリンターで印刷する方法もあります。

スタンプは、差し替え可能なタイプと、子供の名前をオリジナルオーダーする物があります。これは、手軽で一度作ると長く使えます。

その他にも、テプラ、アイロン用シールや防水シールなど、用途に合わせて色々とあります。

もちろん油性マジックでの手書きもあります。最近は、手軽にできる色々な物があるので、各家庭で使いやすい物を選んで準備してください。

入学式の服装について

入学式の母親の服装で一番大切なことは、子供より目立たないことです。

卒業式のように黒やグレーなど、シックで落ち着いた感じの色合いとは違い、華やかな色合いの服装が似合います。春らしい色や白色がオススメです。ワンピースでもパンツスーツでも浮くことはありません。父親は、ネクタイやシャツの色を少し明るくしてみることで華やかになります。

子供の服装は、男の子の場合はブレザーに半ズボンというスタイルが一般的です。セットで販売されているもが店頭や、ネットであるので参考にしてください。女の子の場合は、バリエーションが豊富で悩みます。人気のワンピースやフォーマルなスーツは一般的です。そして、女の子は小物類も重要なポイントになります。

子供は成長するのが早いので、着る機会の少ない子供の服はレンタルもあります。こちらも参考に考えてみることもオススメです。

最後に

色々な準備について簡単にふれましたが、地域等によって違いがある場合もあります。また、小学校が制服という地域もあります。

そのため、今まで述べたようなことが全て当てはまるわけではありません。参考にして、子供の入学準備を進めて、気持ちよく入学式を迎えられるようにしてあげてください。

そして、入学式当日は成長した我が子をしっかりと見てあげてください。