もうすぐバレンタインデーですが、あなたはどんなチョコレートを誰にあげますか?

義理チョコ、友チョコにふさわしい10円20円のチョコもあれば高級チョコもあり、選ぶのは楽しいけどちょっと大変だったりしますよね。

それなら簡単にできるチョコを作ってみませんか?

テンパリングやメレンゲ不要の簡単な手作りチョコレートをご紹介します。

簡単節約ガトーショコラ (直径15cmの丸型)

  1. パキパキと折った板チョコ100gと、マーガリン50gを耐熱ボウルに入れて電子レンジで溶かす。溶けたら泡立て器で混ぜ合わせる。
  2. オーブンを170℃に予熱しておく。
  3. ほかのボウルに卵2個を割って入れ、砂糖70gも入れて白っぽくなるまで混ぜる。
  4. 3に1を入れ、さらに牛乳50ccを入れて泡立て器で混ぜる。
  5. 4に薄力粉30gを振るいながら入れ、無糖ココア30gも入れてさっくりと混ぜる。
  6. オーブンで35〜40分焼く。竹串などを刺してくっついてこなかったらできあがり。

一晩冷蔵庫で冷やすとしっとりして味がなじみます。また、粉砂糖をかけてもオシャレですね。

チョコやココアの甘さは好みに合わせてビターやスイートなど選んでくださいね。

FullSizeR_010917_012200_AM

丸型の分量を記載しましたが、ラッピングしやすいパウンド型でも大丈夫ですよ。

炊飯器&材料3つ!簡単おいしいチョコケーキ

  1. パキパキと折った板チョコ2枚分と牛乳大さじ2を耐熱ボウルに入れて電子レンジで1分ほど加熱して溶かす。
  2. 1を混ぜ合わせ、卵を卵黄と卵白に分けたうちの卵黄を1に入れて混ぜる。卵白は別のボウルに入れておく。
  3. 卵白はドロドロがなくなり、軽く泡立つくらいまで混ぜる。がんばらなくて大丈夫。
  4. 全部混ぜ合わせる。卵白の泡がなくならないよう注意。
  5. 炊飯器で早炊き。炊きあがってまだベタベタしているようならもう一度早炊き。
  6. さらにチョコをプラス!炊飯器からスライドさせて取り出し、板チョコ1枚分をパキパキと折ってケーキの平らな部分に乗せて、チョコが溶けるまで10分ほど放置。
  7. チョコが溶けてきたら平らにのばし、食べやすい大きさにカット。冷蔵庫に入れて冷やし固める。

ほとんど手間をかけず、本格的なチョコレートケーキができます。

IMG_7799_010917_012255_AM

牛乳は沸騰すると危険なので、様子を見ながら加熱してください。

また、炊飯器の種類によってはご飯以外の調理ができないものもあるので、取扱説明書を確認してくださいね。

冷やして固めるだけ♪お手軽おいしいチョコレート (B5サイズくらいのバット1個分)

  1. バットのサイズに合わせてクッキングシートを敷いておく。
  2. 板チョコ1枚半分をパキパキと折って、生クリーム50gとともに電子レンジで30秒ほど加熱。溶けたら常温に戻した牛乳50mlを少しずつ加えて混ぜる。
  3. 生クリーム100gを泡立てる。とろりとし始めたら2に数回に分けて入れる。
  4. 砕いたクッキーやナッツ、マシュマロなど好みのものも加えて混ぜる。
  5. 1に流し入れ、平らにならしたら2時間ほど冷蔵庫で冷やし固める。
  6. クッキングシートごと取り出して食べやすい大きさに切り分ける。

FullSizeR_(1)_010917_012357_AM

チョコだけを楽しみたい人、チョコに歯ごたえを求める人、それぞれだと思いますので、中身は好みに合わせられるのがいいですね。

最後に

バレンタインだから気合いを入れなきゃ!と思わずに、家にある材料を「混ぜ合わせて後は放置」でもじゅうぶんおいしいチョコレートができますよ。

量産するのも本命に向けても、または自分が食べる用でもいいですね。

楽しく作りながら、楽しいバレンタインの思い出を作ってみてくださいね。