日差しの強い日が続いていますが、皆さん日焼け対策はどうしていますか?

どんなに頑張っても日に焼けてしまう、日焼け後の肌ダメージが気になると言う方は、特に女性の場合は少なくないと思います。

4190992daab245eba7def11d800b6ff3_s_081417_033735_PM

そこで今回は夏の日焼け対策と、今年オススメの日焼け止めをまとめてみました。

そもそも日焼けとはどのようなものか?

日焼けがどのようなメカニズムで起こっているのか知らない方も多いと思うので、日焼け対策の前に、そこを少し説明します。

日焼けは知っての通り、紫外線の影響によるものです。皮膚には表面の表皮と呼ばれる部分と内側の真皮と呼ばれる二つがあり、二層構造となっているのですが、この表皮の部分が紫外線によって火傷してしまう現象が所謂「日焼け」と言われています。

更に紫外線には波長の長さでそれぞれ、長いものが「A波」中間のものが「B波」短いものが「C波」と三種類あります。

C波は波長が短いのでオゾン層の段階で弾かれてしまい、日焼けには関係がありません。

残ったA波、B波の中で夏の日焼けに主に関わるのはB波です。

A波ほど波長が長くないので皮膚の表面までしか到達はしませんが、その分エネルギーが大きいです。

夏のアウトドアで日焼けをして皮膚が赤く、痛くなってしまった経験を皆さんしていると思いますが、それがこのB波の影響なのです。

A波はエネルギーは低いものの波長が長く、じわじわと表皮の下層まで到達しますが、その下層の「メラノサイド」と言う物質がある場所まで到達するとメラノサイドの働きでメラニン色素が生成されます。

このメラニン色素は紫外線から体を守るためのもので、真皮まで到達しないようにガードする働きがありますが、メラニン色素が作られると肌は黒くなってしまいます。

日焼けをして肌が黒く焼けてしまう方は、メラノサイドが体を紫外線から守ろうと頑張っている証拠と言うわけですね。

逆に日に焼けず、赤くなりやすい方は紫外線への抵抗力が低いと言われています。

スポンサードリンク

どんな日焼け対策が有効?

日焼けのメカニズムについて説明しましたが、体が守っているとは言っても黒くなるのは嫌ですよね。

焼けない方も、紫外線への抵抗力の低さが気がかりで、何か対策をしたいと思われていることと思います。

日焼けをしない為、紫外線から身を守る方法ですが、体の外側から日焼け止めを塗ったり、美白化粧水を使ったりと言う方法ではなく、体の内側から日焼けをしにくくなる方法を今回はご紹介します。

ビタミンA、C、Eの三つは肌を健やかに保つために必要な働きをしてくれる物質で、摂取することを心掛けると紫外線から肌を守ることに一役買ってくれます。

中でもビタミンCは皆さんご存知の通り美白効果があり、美肌のビタミンと名高い成分です。食べ物ではレモン、アセロラ、パセリなどが有名です。

その効果は、シミやそばかすの原因になると言われているメラニン色素の働きを抑え、コラーゲンの生成を手助けすると言う、美白以外にも嬉しい効果が盛りだくさんです。

そしてビタミンEは抗酸化作用を持ち、肌の老化原因と言われている活性酸素から肌を守ってくれる役割を担っており、ビタミンAはコラーゲンの生成を助け、抗酸化作用もあると言うCとEの性質を併せ持っています。

ビタミンEで有名な食べ物は落花生、アボカド、モロヘイヤ。

ビタミンAで有名な食べ物は(豚、鶏、牛)レバー、うなぎ、いくら。

ビタミンEは植物性のビタミン、ビタミンAは動物性のビタミンです。

それぞれ大量に摂取することはなかなか難しいですが、毎日少しずつ食べ物から取り入れて肌を守っていきましょう。

強い日差しも大丈夫!オススメの日焼け止め

真夏でも十分使える、日焼け止め効果の高いオススメの日焼け止めをご紹介します。

「パーフェクトUV アクアブースター」(アネッサ)

毎年人気の高い、定番の日焼け止めです。アネッサの日焼け止めと言ったらこれですね。

顔だけでなく体にも使えて、値段もお手頃でコストパフォーマンスに優れています。

SPF50と言う強い日焼け止めですが、石鹸で落とせると言うのは魅力的です。

「アクアリッチ ウォータリージェル」(ビオレ)

今年人気上昇中の日焼け止めです。

こちらもSPF50で石鹸で落とせるタイプのもので、日焼け止めとしてだけではなく化粧下地としても使うことが出来、とてもさらっとした使い心地で日焼け止めのべたつきが嫌だと言う方にはオススメです。

「薬用ホワイトニングセラム UV」(DHC)

先に紹介した二つよりは少し値段が高めなDHCの日焼け止め。

他と違うところは、日焼け止めだけでなく美容液の成分も入っていると言う部分です。

日焼け止めとして塗るだけで美白、肌荒れ防止効果を得られる一石二鳥の商品です。

ただし石鹸だけでは落とせないので、しっかりクレンジングを使って落としてくださいね。

最後に

いかがでしたでしょうか?

日焼け止めで外側から、食べ物で内側から。しっかりケアをして今年の夏も肌を大事に乗り切っていきましょう。

夏を楽しんでください。