何回か海外旅行を経験した方でも、中国、上海を初めて訪れる時は少しばかり緊張感があるのではないでしょうか。私もそうでした。

漢字の国なので、表記は読めるかも知れないとはいえ、何が必要?何を持って行く?などなど、初めての上海を、ちゃんと楽しめるように、しっかり準備しましょう!

なにはともあれスマホの準備!~超必需品~

出国前に用意する基本的な物、例えばパスポート、国際クレジットカード、ある程度の現金と共に、忘れないで頂きたいのがスマホの海外利用登録です。

DoCoMo、au、Softbankの大手3社は海外ローミングサービスがあります。日本を出発する前に設定しておくと、日本と同じように中国でもスマホが使えます。

もちろん、利用料金は割高になりますので注意が必要です。ですが、上海はどこに行っても無料Wi-Fiが飛んでいますので、それを上手に利用すれば高額請求は避けられるでしょう。

ホテルはもちろん地下鉄の中や、ショッピングモールの中、ケンタッキーフライドチキンやマクドナルドなどのファーストフード店にも、そこら中にありますので、むやみに通話料金を使って通話するよりは、無料通話アプリや、メールでやり取りする事をオススメします。

ただ一つ注意点は、中国国内では規制がかかっていて「LINE」、「Twitter」、「Facebook」、「youtube」などは使えません!私もそれで大変困惑しました。ほとんどのやり取りを「LINE」に頼っていましたから…。

「Skype」は使えますので、事前に「Skype」の設定と、周囲の方への十分なお知らせをしておくことをオススメします。

スマホの充電器は、中に変圧器が内蔵されているものがほとんどですので、中国でも使えます。ただ、純正品でない場合は対応電圧をチェックしてから使って下さい。私は純正品のアダプターに、100円均で買った充電コードをさして使ったら発火しました…。ハズレに当たっただけかも知れませんが、電圧のチェックは忘れずに!

現金は、交通費などすぐ使う分だけ空港で換金して、あとは市内の銀行や換金所で換金した方がお得です。

中国貨幣_062716_021914_PM

新生銀行など、海外でも出金できる銀行カードを使うと、手数料はかかりますが銀行のATMで中国元を引き出す事ができます。

スポンサードリンク

持っておくと安心!〜私の必需品〜

旅行の必需品は、人それぞれだと思いますが、経験上、上海旅行中に、「あー!持って来れば良かった!」と困った私の個人的必需品ランキングです。

第1位—お腹の薬

油たっぷりの上海料理、出されるお茶は水道水、美味しいけど激辛な四川料理…中国ローカルフードにはキケンがいっぱいです。

特に公共のトイレ事情が芳しくない中国においては、お腹を下した状態で出かけるなんて、自殺行為に近いのです。自分に合った整腸剤、下痢止め、必須です。

第2位—目薬

中国では、市販の目薬というのはほぼ存在しません。あるとすれば、日本やドイツからの輸入の目薬で、元値の4〜8倍の値段でしか手に入りません。

空気が悪いので、目がかゆい、目が乾く、などの目の不調が頻繁に起こります。カバンにひとつ、入れておくと安心ですよ。

第3位—リップクリーム

これはどうしてなのか私も分からないのですが、上海に来ると唇が乾いてしょうがないのです。

湿度は日本より高いはずなのですが、地下鉄やビルの中でガンガンに効いているエアコンのせいなのか、大きめの声で話さないと通じない中国語のせいなのか、よく分からないのですが、唇がカピカピになります。

現地調達しようとすると、40元くらい!(750円程度)します。日本だったら100円200円でけっこう選べるのに…。

そんな訳で、安くて良い匂いのリップクリームを日本で大量に買って来て、上海の友だちに配ったりもしますよ。オススメです。

第4位—龍角散

薬ばっかりじゃないか!と思われるかも知れませんが、しょうがないのです!中国の薬は、中国人ですら怖がるほど粗悪な事で有名です。中国の薬に頼らないに越したことはないのです。

また、私自身、健康には自信があったのですが、余りの空気の悪さで喉を痛めて、結果、喉から風邪をひくという悪循環を、何度繰り返したか分かりません。それから守ってくれる、龍角散ダイレクト(ピーチ味)の偉大さには頭が下がります。

常備薬_062716_022219_PM

現地調達でもOKなもの!

あれもこれもと持って行くと、荷物が大変な事になってしまいます。現地調達できるものは現地でゲットしましょう!

マスクは必須アイテムですが、中国でもたくさん売っているので現地調達でもOKです。日本から持って行くにしろ、現地で買うにしろPM2.5対応でないと効果がないので、よく選んで買って下さいね。

ポケットティッシュもぜひ現地調達してください。中国に限らずアジアの国々ではだいたいトイレにトイレットペーパーなんてありません。持参です。持っていなかったら悲惨です。ティッシュのサイズも柄も、日本とは違うのでまずはぜひ使ってみて下さい。

10個入りで10元(160円)前後です。

また行きたい!

と、色々と悪口っぽいのも含めて、書いちゃいましたが、上海の賑やかさや、人々のバイタリティー、元気の良さ、大都市なのに温かい人柄、上海は私の大好きな場所のひとつです。

しかし、やっぱり日本に帰るとほっとします。クリーンな街、行き届いたサービス、耳に優しい日本語…。日本の良さ、ジャパニーズクオリティを実感します。

と同時に、また行きたいと思わせてくれるのが上海です。昔ながらの、オールドチャイナの風景を残す場所もありながら、世界第2の経済都市として発展を続け、その姿は日に日に変化しています。もっと中国語が出来るようになって、もっともっと知りたい!そんなやる気や元気をくれる街、それが私にとっての上海です。