可愛くて小さな赤ちゃんを見ていると癒やされます。

よく赤ちゃんのような綺麗でツルツルの肌に女性は憧れます。

d5322a0b6dd41583df93f560d9da8f79_s_110416_104558_PM

けれども、赤ちゃんの肌はいつも綺麗ではありません。赤ちゃんの肌も体温と同じで未熟な状態です。

そのため、慎重にケアをしなければなりません。大人と同じように、元々肌が弱い子もいます。

そこで、綺麗な肌を維持するための方法を簡単にお伝えします。

赤ちゃんの皮膚

赤ちゃんの肌は、薄くて水分を保持する機能が弱いです。

そのため、スキンケアしないと肌はすぐに乾燥し、肌荒れに繋がります。水分の失った肌は、服やオムツですれたりするだけで簡単に傷がつきます。

赤ちゃんは自ら辛いことを主張することや、乾燥対策ができません。お母さんが責任持って肌の状況や環境を観察して、防ぐことが必要です。

お母さんの役割は、保湿です。身体に塗るものとしてはベビーローションやオイルです。冬は乾燥するので、加湿器を使用して、部屋の湿度を上げることも対策になります。

スポンサードリンク

保湿方法

保湿ケア用品は、赤ちゃん専用の低刺激のものを選んでください。

肌質は個人差があるので、合うものと合わないものがあります。初めから大きいサイズで使用せずに小さなものを使用して、選ぶと良いでしょう。

保湿はお風呂から出たあと、すぐに塗ることがオススメです。お風呂上がりは水分量が急激に減少するためです。保湿の際には汚れもたまりやすい首や手足のしわの奥にも塗るようにしてください。

離乳食など始まると、特に口の周りは荒れやすくなるので、口を拭いた後なども保湿するのがオススメです。

保湿の種類も色々あります。ローションは、肌のなじみがよく、すぐに水分と油分を補えます。クリームは、乾燥が気になる部分に塗ることで潤いを与えることができます。大人の化粧品と同じでローションとクリームと併用すると安心です。オイルは、人気のベビーマッサージで使用すると保湿ができます。

重要なスキンケア方法

肌の土台は、3歳までに作られると言われています。

土台がしっかりしないと、大人になってもトラブルが起きやすい肌になってしまいます。

スキンケアは新生児から必要です。お風呂で、肌に優しい石けんをたっぷりと泡立て、手で撫でるように洗ってください。汚れや汗がたまりや場所は特に丁寧に洗ってください。

清潔にしたあとは、「5分以内」に保湿をしてください。

重要なスキンケアには注意点もあります。お風呂の際は、スポンジやミトンなどの使用は控えてください。保湿ケアは少量ではなく、たっぷりつけるようにしてください。

オムツかぶれが気になり、乾燥させることがありますが、乾かしすぎは、水分を奪うので、程よく行いましょう。

最後に

赤ちゃんのお世話をしているだけで、大変なお母さんですが、肌の様子も見落とさないようにしてあげてください。

今で、は赤ちゃんと一緒に使える保湿ケア用品もありますので、自分のお手入れと一緒に行うこともオススメです。

スキンケアは、赤ちゃんとのスキンシップになります。

その時間もママとの素敵な時間だと思って、キレイな肌を作ってあげてください。