ハムスターは場所を取らず、鳴き声も無い事からアパートやマンションで飼育する人が多くいます。

ペットとして大人気のハムスター。

寿命は短いですが、だからこそ出来るだけ長い時間を一緒に過ごしたいものですよね。

3d75c92a6ec828e549a9d6dfbf14bc3f_s_050418_125617_PM

ハムスターの具合が悪そうな時、病気や怪我の可能性があります。

ここでは特に、目・口・鼻の異常についてまとめてみました。

目の病気

結膜炎や角膜炎、眼球突出、白内障といったものがあります。

結膜炎はウィルスや細菌に感染することで、異常なほど目が出てしまいます。

角膜炎は、目に異物が入ることで炎症を起こしてしまうものです。トイレ砂などを清潔にしておきましょう。

眼球突出は肥満が原因となってるようです。

また、高齢になって来ると、水晶体が白く濁る白内障になるハムスターもよく見られます。

涙や目ヤニが酷い場合、結膜膿瘍かも知れません。予防法がなく、ドワーフハムスターがなりやすい傾向にあります。

気付いたらすぐに病院へ行きましょう。

スポンサードリンク

鼻の病気

鼻水が出ていたり、鼻の下がただれていたら、次のことが考えられます。

  • アレルギー性鼻炎、鼻炎
  • 風邪
  • 肺炎
  • 細菌性呼吸器感染商
  • 切歯破折

ハムスターは、ちょっとしたことで風邪をひいてしまいます。

冬場はいつも温かくしておいてあげてくださいね。

鼻水が出ていたら、風邪の可能性が高いです。

清潔に保ち、バランスの良い食事をあげましょう。

ハムスターにもアレルギー性鼻炎があるんです。風邪と似ているのですが、酷いと耳が赤くなってしまったり、呼吸困難を起こしたりします。

床材に対するアレルギーが考えられるので、素材を変えてみてください。

口の病気

頬袋が腫れていたり、口から血や膿が出ていたり、口臭が酷かったりなど、口のトラブルが見られたら病気の可能性が高いです。

ハムスターは頬袋に食べ物をためる習性がありますが、ご飯やお菓子などは粘り気があり頬袋の中に張りつきます。

すると時間が経ってそれが腐った時に、炎症を起こしてしまうのです。膿が出ることもあるでしょう。

そうなった場合、手術をすることになります。そして消毒と抗生剤を続けて治療します。

ハムスターには、粘り気のあるものをあげないようにしましょう。

頬袋に関するものに、頬袋脱というものがあります。

頬袋の筋肉の損傷や、餌が頬袋に張り付くことで起こります。

これになると、手術で頬袋を取ってしまわなければなりません。

やはり、張り付きやすい食べ物はあげないことが大事です!

また、口の中を傷つけるような床材はやめましょう。

歯の病気

頬が腫れている、ヨダレや出血がある、口が閉まらない時には、歯の病気も考えられます。

歯周病や歯肉炎は、食欲低下を招きます。また、目が飛び出す場合もあります。

原因は普段齧っているケージが、不衛生なことです。細菌感染をしてしまったのでしょう。

抗生剤による治療が効きますので、早めに病院に行きましょう。

酷くなると手術が必要になってしまいます。

歯が欠けたり曲がっているのは、切歯破折や不正咬合です。

これは歯周病や歯が伸び過ぎる原因になります。

獣医さんに相談すれば、動物病院で歯を削ってもらえますよ。

最後に

人間と同じように、ハムスターにもいろいろな病気があるんですね。

体が小さいので、体調を崩した時に重症化するスピードが速いです。

小動物はちょっとしたことが命取りになり兼ねませんので、異変を感じたら病院に連れて行くことをおすすめします。