ハッカ油には色々な用途があり、使い方は色々です。

トイレの消臭剤として使用すると、スッキリとします。

近年は、地球温暖化の影響で、夏の暑さが厳しくなっています。そこで、ハッカ油は、さらに注目をされるようになりました。

607d90de9f633e0622fd592d72ac6f1c_s_042217_104337_AM

今回は、色々な用途のあるハッカ油を日々の生活で取り入れるため、ハッカ油のことを調べてみました。

ハッカ油について

ハッカとはシソ科の植物の総称で、英語では「ミント」と呼ばれます。

ハッカ油は、ハッカから抽出したオイルで、ハッカ草から少ししか取れない貴重なものです。

ハッカ栽培が盛んな北海道では、空港などでも頻繁に見かけるほど有名です。

手軽に購入できるのは、ドラックストアです。通販でも豊富な品ぞろえがありますので、用途に合わせて購入できます。

使い方は多用で万能なハッカ油ですが、注意点があります。

ハッカ油は天然オイルですが、原液での使用は刺激が強すぎて肌荒れをおこします。そのため、高齢者、妊婦、子供は肌がデリケートなので、使うのは控えましょう。

また、猫がいる家庭も、個人差はありますが、肝機能障害を発症する可能性があるので、ハッカ油の使用は控えてください。

スポンサードリンク

ハッカ油の効果について

ハッカ油は万能で、様々な場面で効果を発揮します。

暑い夏は、スプレーやお風呂で取り入れると、爽快感があります。

また、ゴキブリ・ハエ・アブ・蚊などの害虫対策や、虫除けとしても効果があります。

殺菌効果もプラスされるので、掃除の仕上げとして、大活躍アイテムになります。

その他、ハッカ油はミントの香りでリラックス効果があります。神経を鎮静させ、眠気やストレスにも効果的です。

食用のハッカ油に限りますが、飲み物に1滴加えて摂取することで、胃腸機能の調整や消化不良・食欲増進の改善にも期待ができます。

ハッカ油の使い方

お風呂でのハッカ油の使用は、シャンプー・ボディープに1~2滴垂らすと消臭効果を発揮します。

お風呂に5適ほど垂らすと汗をかかない「ハッカ風呂」になります。

加齢臭などには、精製水100mlと重曹(小1)をスプレー容器に入れ、重曹が溶けたらハッカ油3~5滴入れた、「制汗スプレー」が気になる臭いをケアしてくれます。

虫除けには、エタノール10mlとハッカ油20~30滴をスプレー容器に入れ、混ざりあったら、精製水を100ml入れた「虫除けスプレー」が安全で使いやすいです。

この、「虫除けスプレー」は空間にスプレーすると、消臭・殺菌効果があります。

害虫よけは、水100mlとハッカ油50~60滴をスプレー容器に入れ、白濁するまで混ぜたら水100mlをさらに入れた「害虫用スプレー」は、害虫侵入経路を広範囲でスプレーすることができます。

花粉症・鼻炎・鼻づまりには、マスクに「虫除けスプレー」を吹きかけるとラクになります。

最後に

万能なハッカ油は、注意点を守れば安心して使うことができます。

ハッカ油を上手に使うと様々なシーンでの効果が期待できます。

まだ、試したことがない方は、是非ハッカ油を取り入れた生活をてめしてみてください。