人間にとって身近な動物である猫。

体の大きさは皆同じくらいですが、その毛色にはとてもたくさんの種類がありますね。

実際に飼っているとよく分かるのですが、猫にも1匹ずつ個性があるんです。

082ef539d7136290b8f3710b3bee0442_s_031118_033153_PM

育った環境も影響しますが、どうやら毛の色によってもある程度決まっているようですよ。

ここでは、そんな猫たちの毛色と性格の傾向について、次々とご紹介していきたいと思います。

色による性格の傾向

昔は「不吉な猫」だなんて、不名誉なことを言われていた黒猫ちゃんですが、その性格は実に穏やか。甘えん坊で懐っこい性格なんですよ。

人間とのスキンシップが大好きで、場の空気を読む能力も高いです。

初めて猫を飼うなら、おすすめしたいのが黒猫です。

全身真っ白な猫は、とても美しく気品に溢れていますね。見た目と同じく、性格も気位が高いと言えます。

あまり慣れ合うことが好きではない子が多いですが、それはあくまでもそういう傾向が強いということ。

中には人懐っこい子もいますよ。

茶トラ

オスの割合が多い茶トラ。

とても明るい性格をしていて、同居の猫とも仲良くやれる子が多いようです。

ひょうきんな行動が魅力的で、その毛色も愛嬌たっぷり!初心者が飼いやすい猫だと言えるでしょう。

スポンサードリンク

三毛

私も三毛猫を飼っていましたが、とっても「ツンデレ」度が高いですね。

その子はとても人懐こくかったんですが、自分の期が乗らない時は近寄って来ようとしませんでした。

プライドの高いお姫様的存在でしたが、他の色と比較して一番猫らしい性格をしているのではないかと思います。

3色が合わさり、実にユニークな柄をしていて魅力たっぷりですよ。

ちなみに、三毛猫のオスはとても希少価値があります。

サビ

かなり味わい深い柄で個性的な外見が魅力。

小汚いと感じる人も多いようで「雑巾猫」という別名もあるくらい。

ですが外国では「トゥーティシェル」と呼ばれ、貴重な存在なのです。

サビ猫の特徴として、賢いという事が真っ先に挙げられます。

元気でヤンチャな子が多く、状況判断に優れているようです。

また、サビの殆どがメスなためか、愛情深い性格の子が多く見られます。

我が家のサビ猫は、人間の赤ちゃん相手にも愛情を注いでくれました。

キジ

猫の毛のルーツとも言える、キジ。

野生の猫の性格がとても強く出ている猫です。

体に細かく短い線が入っている柄で、アメリカンショートヘアとはまた違います。

キジトラ、キジシロ、サバトラ、サバシロなどに分かれています。

白い部分が多いほど、性格がおっとりしているようです。

我が家のキジシロは白い部分がとても多く、かなりの甘えん坊で人間にベッタリです。

ハチワレ

顔の中央が白く、目の周りが黒い特徴的な柄をしているのがハチワレ。

とても好奇心が強く、遊ぶのが大好きです。

家の中で走り回るのはハチワレの特徴でしょう。

人間に対してフレンドリーで、飼いやすいと言えるでしょう。

最後に

猫の毛色を見れば、ある程度性格の傾向がつかめるようです。

我が家もたくさんの猫を飼ってきましたが、大体当てはまっています。

ですが、ここに挙げたのはあくまでも「そういう傾向にある」という話です。

育った環境によっても変わってきたりしますので、全くこの通りと思わないように。

色による性格の傾向から、初心者におすすめなのは人に懐きやすい黒猫や茶トラだと言えますが、他のカラーでも人懐っこい子は多くいますし、第一印象を大切にすると良いでしょう。