花粉症になると、いろんな症状(目と鼻とのどのかゆみ、水性の鼻汁、体がだるい、頭が重い、集中力が出ない、眠られない、疲れやすいなど)が、あらわれる場合があります。

また、放置していると、だんだんと症状が強くなり悪循環に陥るケースも。

今回は、花粉症の薬を服用する際、気をつけたいことをご紹介いたします。

6d996a37ae3c08e6b812d6816652bded_s_030617_085427_PM

花粉が飛散する1、2週間前からが重要

花粉症の薬の服用に関して重要なことは、花粉が飛散する1、2週間前から抗アレルギー薬を服用、点眼、点鼻するということです。このことが、花粉症状を軽くすることができる予防的な方法です。

最近、花粉の飛散時期がかなり正確にわかるようになりました。

毎年花粉症になる患者さんは、花粉が飛散する前にかかりつけの医師を受診し、指示を仰ぐようにします。

薬の使用中に症状が治まったからといって、素人判断で薬をやめないでください。再び症状が出てきます。医師の指示に従ってきちんと治療を受けてください。

スポンサードリンク

アレルギー症状を抑える薬

体内でアレルギー症状を起こさせる代表的な物質としてヒスタミンがあり、花粉症の内服薬の多くに、このヒスタミンを抑える作用があります。ヒスタミンを抑える薬は速攻的な効果をもつため、花粉症治療に欠かせません。

花粉症の薬には、錠剤やカプセルなどの内服薬のほかに、鼻腔内に直接噴霧するタイプのものがあります。

ステロイド薬といわれているもので、強力な作用があるため、鼻づまりなどの症状が重い場合に使われます。

アレルギーを抑える薬は市販のものもありますが、薬の選択や使い方が適切でないと、効果が十分にあらわれなかったり、悪くなったりすることがあります。

眠気に注意!

薬の服用中は眠気が出ることもあるので、大変注意が必要です。

最近は、副作用の少ない薬が開発されています。

また、1日1回の服用で済む便利な薬もあります。

危険な機械の操作をされる方、パソコンを使われる方、受験生の方など眠気が困る場合は、医師の指示で薬をいただいてください。

最後に

薬に頼るばかりでなく、よく眠り疲れが残らないようにして、免疫力が落ちないように規則正しい生活が一番大切です。

睡眠不足、疲労やストレスは花粉症状を悪化させます。

また、花粉の飛散する季節に風邪をひくと、鼻の粘膜が過敏になり花粉症の症状がひどくなるので、風邪をひかないようにも気をつけます。

お酒、タバコは控えましょう。お酒を飲むと鼻づまりがひどくなり、またタバコも鼻の粘膜を刺激し鼻の症状を悪くします。

どうぞ、お大事にしてください。