血管年齢と言う言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

しかし、血管年齢を測定したことがある人は少ないように感じられます。それは、どのような場所で測定が出来るのかを知らないからだと思われます。

1ba639cc63996c31c387c82eeff6dc8b_s_050818_113717_PM

また、血管年齢によって自分の体にどのような変化をもたらすのかを理解している人は少ないように感じられます。

あまり広く知られていない血管年齢について、ちょっと調べてみました。

血管年齢

血管年齢とは老化の目安になります。血管でなぜ老化がわかるのかと思いますが、血管は一番早く老化すると言われています。そのため、血管年齢を測定することで実年齢との差がわかります。

また、血管年齢と動脈硬化は結びつきがあります。それは、血管年齢が高いと、動脈硬化が進んでいることがわかるからです。動脈硬化は血管が硬くなり、狭くなったりすることで血液の流れを滞るために起こります。

血管年齢の老化の原因は、高血圧、高血糖、中性脂肪、コレステロールなどが高いことが上げられています。

スポンサードリンク

改善

血管年齢が高くて動脈硬化が進んでいるのではないかと思って不安に思う人もいるかもしれません。しかし、血管年齢は、改善することができると言われています。

改善するのは普段の生活習慣の改善が必要になります。それは、食生活と言われています。

また、有酸素運動となるウォーキングや水泳、ジョギングなどを20分以上続けることも重要とも言われています。

改善方法は難しいことではありませんが、自分で気にかけて進んでおこなえるようにすることが必要のようです。

方法

血管年齢を若返るようにする方法は、食事と運動が重要になります。

食事は、塩分を控えて、野菜をしっかりと取る習慣を身につけることが必要になります。また、肉より魚を中心にしたメニューがおすすめです。それは、魚の中に入っているDHAやEPAという成分が血中のコレステロール値を低下させて、血液をサラサラにする効果があるからです。

運動は血管年齢を若返らせるだけではなく、肥満や高血圧などの改善にも効果が期待できます。血管年齢を若返らせるには有酸素運動が効果的な方法と言われています。その中でもおすすめと言われているのはウォーキングになります。運動は20分以上がいいと言われていますが、はじめは、10分でもいいので運動することを心がけるようにしてほしいと思います。注意点としては早朝に運動することは血管に負担をかけるので止めるようにしてください。

血管年齢を若返らせるには、食事も運動も習慣化出来るように続けることが重要になります。

最後に

血管年齢を知ることは自分の今の体の中の状態を知ることができます。

また、血管年齢は体の状態を自分の意識で変えることができるので、病気を防ぐこともできると感じられます。

検査した結果次第では、今から出来る改善方法もあるので、是非、自分の血管年齢を調べて見てほしいと思います。