刑事ゆがみで弓神適当を好演している浅野忠信さんに、ショックな出来事が・・・。

浅野さんの所属する芸能事務所「アノレ」の社長でもある、浅野さんのお父さんが覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたそうです・・・。

556d43db9572b96277e791b5fd1a9c05_s_120817_123915_AM

息子さんにとっては辛い出来事ですが、浅野さん自身には関係のない事。

素晴らしい俳優さんなので、めげることなく頑張っていただきたいです!刑事ゆがみ、最後まで応援しましょう!!

刑事ゆがみ第8話のゲストは

第8話のゲストは、市川由衣さん。窃盗犯で逮捕された過去を持つ、猿渡愛美を演じています。

逮捕されたとき、養護施設に入れられてしまった息子のために、足を洗ってキャバ嬢をしながら息子と暮らす日を夢見ている役柄です。

そして、小林隆さんが元銀行員で資産家の沼田徹という役を演じています。

スポンサードリンク

刑事ゆがみ第8話の見どころは

高齢者大国になった日本。

老人を狙った詐欺事件も、多発しています。

今回は、そんな現代日本の闇を描いています。

老人になったら人は何をすればいいのか・・・死に至るまでの生きがいとは?

第8話は、そんな問いかけをしています。

刑事ゆがみ第8話のあらすじ

弓神(浅野忠信さん)と羽生(神木隆之介さん)は、キャバクラでラブちゃんこと猿渡愛美というキャバ嬢とお酒を飲みます。

愛美は、かって誰にも気づかれないように少額を盗む “透明人間”という異名を持つ窃盗犯でした。そしてその愛美を逮捕したのは弓神だったのです。

でも、愛美は今では養護施設に預けられている息子を迎えるべく仕事を頑張っているのでした。

その数日後、高級マンションの敷地で愛美の死体が発見されます。その死体の手は、札束180万円を握っていました。

警察は、愛美が沼田という資産家の部屋からお金を盗み、その階から転落して死亡したのだろう、と事故扱いで片づけようとします。

しかし、弓神は少額しか盗まなかった愛美が180万を盗んだことに、違和感を覚えるのでした。

その後、うきよ署強行犯係は、県警本部の高齢者を狙った詐欺事件に協力します。

そこから愛美が他のキャバ嬢とともに、詐欺事件で現金の運び屋のアルバイトをしていたことがわかるのでした。

しかし、愛美は詐欺の手伝いを知らずにしていたことを後悔し、被害者にお金を返していました。

愛美がしたバイトの詐欺被害の総額は180万で、被害者は沼田が通う社交ダンススクールの加入者でした。

弓神たちは、沼田との関連を調べ始めます。

刑事ゆがみ第8話の感想

資産家の沼田が、詐欺事件の犯人の一人だったとは・・・それも退職してからの孤独を埋める目的で犯罪に参加していたとは。

仕事がなくなり、家にいる時間を持て余してしまった沼田。

趣味を持っても心が晴れず、進まない時計、鳴らない電話に苛立ちを募らせます。

必要とされたい、認められたいという沼田の思いが、犯罪者の甘い誘いについ乗ってしまったのでした。

「刑務所に仕事はありますか」

最後の沼田の言葉は、重く響きます。

弓神は養護施設の愛美の息子に、愛美の手紙を届けます。誕生日に迎えに行く、という手紙を読む少年。

そしてプレゼントは、サッカーボール。「こんな小さい子向けのボール」大きくなった少年は、つぶやくのでした。

それを見る弓神の哀し気な表情が、心に残ります。