みなとみらいや中華街、赤レンガ倉庫など、観光スポットが凝縮されている街、横浜。

そんな横浜でたっぷり遊んだら、お土産のチェックもお忘れなく!

横浜を代表するお土産は、とてもたくさんあります。

728634df6fd16271366b0ca4cd7b9a38_s_112119_084818_PM

自分へのお土産にしても、人に渡すお土産にしても、横浜らしさを感じる品を選びたいですよね。

今回は横浜で特に人気のお土産を、お菓子に絞って10種類ご紹介いたします。

横濱ハーバー ダブルマロン (ありあけ)

船の形をしているマロンケーキで、とてもお洒落な横浜銘菓です。

60年以上もの歴史がある、定番中の定番!

横浜のお土産に迷ったら、横浜ハーバーを選べば間違いなしです。

created by Rinker
ありあけ
¥2,851 (2020/10/29 11:53:11時点 Amazon調べ-詳細)

横濱煉瓦 (霧笛楼)

横浜の元町で1981年創業の、フランス料理店が霧笛楼です。

横濱煉瓦は霧笛楼を代表する商品であり、焼き立てのチョコレートケーキで煉瓦を表しています。

クルミソースとリンゴ、ブランデーの香りのバランスが良く、上品なお土産として人気です。

横濱ミルフィユ 紅茶 (フランセ)

フランセの代表銘菓である、ミルフィユ。

ミルクチョコレートでコーティングされた中身は、パイ生地です。

サクサクした食感と、紅茶クリームとのハーモニーが絶妙です。

横濱ローズサブレ (横濱山手えの木てい)

横浜山手に行ったら、是非おすすめなのがこちらのサブレです。

横浜の市の花であるバラをモチーフにした、美味しい焼き菓子です。

なんと、生地にはバラの花びらが入っているんですよ。

箱のデザインもエレガントで、特に女性に喜ばれるお土産でしょう。

ビスカウト(馬車道十番館)

チョコレート、レモン、ピーナッツの3種類のクリームを、ビスケットで挟んだお菓子です。

ビスケットは厚みがあり、食べごたえ十分。

ガス灯がデザインされているところが、横浜らしいですね。

レ―ズンサンド (横浜かをり)

洋菓子発祥の地に本店がある、横浜かをり。

そこの名物商品レーズンサンドは、が、レーズンとバタークリームの味わいが魅力のお菓子です。

高級ブランデーの香りをほのかに感じる、ちょっと大人なお土産。

サクッと軽い口当たりのクッキーで、とても食べやすいですよ。

番餅 (重慶飯店)

番餅(バンピン)は、カステラ生地で黒餡を包みこんだお菓子です。

中華街に本店がある老舗の重慶飯店で、大人気の商品です。

中華街以外でも手に入るので、見かけたら是非買ってみてくださいね。

黒胡麻月餅 (萬珍樓)

中華街にある萬珍樓は、明治25年から続く広東料理の老舗です。

中華料理店の人気スイーツである黒胡麻月餅は、横浜のお土産として人気が高いです。

黒胡麻がたっぷり詰まっていて、食べごたえありますよ。

黒糖どら焼き (香炉庵)

横浜の元町に本店がある香炉庵の看板商品が、黒糖どら焼きです。

黒糖の香りと北海道小豆を使った自家製粒あんが魅力的です。

年齢問わず愛されているお土産です。

ラムボール (喜久家洋菓子舗)

チョコレート中で、ラム酒がしみ込んだ生地を発酵させて作ったお菓子です。

大正13年から続く老舗の喜久家洋菓子舗が、オリジナルで作り出しました。

ラム酒とチョコレートで、大人な味わいを楽しめるスイーツです。

最後に

横浜で人気のお土産を、お菓子に絞って10種類ご紹介しましたがいかがでしたか?

どれも老舗の看板商品で、長年愛され続けてきたお菓子ばかりです。

お洒落なデザインのパッケージも多く、味だけでなく目で見ても楽しめるのが嬉しいですね。

今回ご紹介したのは、定番中の定番です。

他にも魅力的なお土産はたくさんありますので、色々見て回るのも楽しそうですね。