夏の暑い時期に、みんなに元気を与えてくれるのがヒマワリの花。

ヒマワリ畑を見に行くのが楽しみという人も、多いのではないでしょうか?

そんなヒマワリには、たくさんの品種があるのをご存知ですか?

3555189_s_070120_112616_AM

大きさも、小さいものから背丈以上のものまで、様々です。

ここでは、育てやすい品種を8つに絞ってご紹介いたします。

ロシア

草丈200cm、花弁の先端にいくにつれ、明るい黄色になるのが特徴です。

花の大きさは25cmもあり、ロシアで多く栽培されている品種だそうです。

日本で栽培されている大きなヒマワリも、この品種であることが多いです。

サンスポット

ロシアよりも少し小さい、中型のヒマワリです。

草丈120cmくらい、花の直径は20cmくらいです。

かがやき

草丈160cmくらい、花の直径は15cmくらいです。

花粉が出ず、綺麗な状態が長く続きます。

明るいオレンジ色の花が咲きます。

テディーベア

草丈80cmくらい、花の直径は10cmくらいです。

モシャモシャとした、ちょっと変わった花を咲かせる品種です。

八重咲でボリュームがあり、まるでテディーベアのような可愛らしさがあります。

真ん中の茶色い部分がなく、花弁がたくさんあります。

サンリッチ

草丈100cmくらい。

太陽がいっぱいという意味が込められた、サンリッチ。

色数が豊富で、世界各地で栽培されている人気の品種です。

44~55日で花が咲きます。

ピンセント

草丈150~170cmくらい、花の直径は15cmくらいです。

色数が多く、ピンセントオレンジやピンセントネーブルと、色によって名前がつけられています。

フラワーアレンジメントで使われることが多い品種です。

プラドレッド

草丈120cm~140cmくらい、花の直径は15cmくらいです。

ヒマワリと言えば黄色を思い浮かべますが、この品種は赤色をしています。

中心部は黒く、黄色のヒマワリとは全く違う印象を受けますが、その独特な存在感が人気の品種です。

変わった品種の割に育てやすいです。

イタリアンホワイト

草丈120~150cmくらい、花の直径は7~10cmくらいです。

白系のヒマワリで、中央部の茶色とのコントラストが美しい品種です。

白系と言っても、薄い黄色で環境によって色の濃さが変わります。

最後に

夏を代表する花であるヒマワリには、とてもたくさんの品種があります。

ここでは、その中から8つを紹介いたしました。

大きなヒマワリは、自宅で栽培するのも楽しいですが、ヒマワリの名所へ行ってみるのもオススメです。

背丈以上のヒマワリが一面に咲いている様子は、一度見ると忘れられませんよ。