猫は水を飲む時、口をつけて飲むのが当たり前だと思っていませんか?

実は、前足ですくって飲む猫もいるんです。

我が家にもそういう猫がいるのですが、自分の前足をジャボッと水に入れて、肉球の毛についた水分を舐め取っています。

00040d73b1cfe32e4ee3a95324e55691_s_072918_111724_PM

毎回そうするわけではなく、口で直接飲む事も出来るようです。

それならいつもそうしてくれると助かるのですが、どうして前足ですくうのでしょうか?

今回は、猫が飲み水で遊んでしまうことについて、考えられる原因と対策をお話していきます。

猫が飲み水で遊ぶのは、どうして?

猫が飲み水に足を入れて、水を掻き出している姿を見た事はありませんか?

我が家では、頻繁に目にする光景です。

遊んでいるのか、飲もうとしているのか分からない時も多いのですが、前足を突っ込むので不衛生ですよね。

飲み水が減ってしまいますし、毛が浮かんでいることもあって、他の猫達が迷惑しています。

一体どうして、自分の飲み水に足を突っ込んだり、こぼしたりしてしまうのでしょうか?

考えられる原因を挙げていきます。

遊びの一つ

水が嫌いな筈の猫が、水で遊ぶなんて不思議な感じがしますよね。

でも、飲み水で遊ぶくらいなら、全身が濡れるわけではないので楽しめるようです。

水道など、流れている水を触りたがる猫もいるのでは?

水が溜まっていると、それを引っ掻き出したくなる猫もいるようです。

足で水を飲む

我が家の猫は、このタイプだと思います。

直接口をつけて飲まずに、一度足を浸してから舐め取るのです。

以前飼っていた猫にもそういう子はいましたので、珍しくもないと思われます。

お座りしたまま、前足で水をすくって飲んでいる様子は、ちょっと上品なお嬢様といった感じ。

この行動には、実は理由があるんですよ。

元々、猫のご先祖様は砂漠に住んでいました。

砂漠は水が少なく、あったとしても綺麗な水ではない事も多いでしょう。

濁った泥水を飲まなくてはいけない時もあるはず。

そんな時、口をつけて飲んだら、泥も全部入ってしまいますよね。

ですから、前足で器用に綺麗な部分をすくって飲んでいたのです。

水を交換して欲しい

もしかしたら、水が汚れているのかも!

または、他の猫が飲んだ水は飲みたくないという猫もいるようです。

スポンサーリンク

水をこぼしてしまう!対策は?

猫が水をこぼしてしまうと、飲み水が無くなってしまいますよね。

こぼすのではなく、ちゃんと飲んでもらいたい場合はどうしたら良いか、対策をご紹介します。

容器を変えてみる

水を入れる器が小さい場合、ヒゲが当たって嫌がります。

口の広い容器に変えてみましょう。

ガラス製、陶器製、プラスチック製など、いろいろな材質を試してみても良いでしょう。

容器の置き場所を変える。または数を増やす。

もしかしたら、落ち着いて飲める環境じゃないのかも知れません。

場所を変えてみることで、ちゃんと水を飲んでくれるかも。

または、水飲み場の数を増やしてみるのもおすすめです。

容器の中身を変えてみる

夏なら冷たい水、冬ならぬるま湯など、飲みたくなるようなものにしてみましょう。

最後に

飲み水で遊んでしまう猫についてお話をしましたが、いかがでしたか?

猫が水を、前足ですくって飲んでいる姿は、とても可愛らしいです。

ですが、だんだん遊びに発展して、水をたくさん掻き出すこともあります。

どうしても止めてくれない場合は、我が家のようにトレーを敷いて、こぼされても大丈夫なようにしておくと安心ですよ。