スーパーで売ってるイチゴも美味しいですが、自分の手で採って食べるのはもっと美味しいものです。

神奈川県にも、イチゴ狩りを楽しめる場所がいくつもありますよ。

f9835473071a82152096bcf83efbc7d9_s_012920_105632_PM

その中から、特に人気の場所を紹介したいと思います。

美味しくて栄養たっぷりなイチゴを、お腹いっぱい食べちゃいましょう!

東京ストロベリーパーク (横浜市)

広々としたイチゴのテーマパークで、一年中イチゴ狩りが出来ます。

クッキングスタジオやカフェ、イタリアンビュッフェも併設されており、楽しみいっぱいです。

30分食べ放題制です。

津久井浜観光農園 (横須賀市)

自然豊かな三浦半島にある、観光農園です。

1~5月はイチゴ狩り(紅ほっぺ、やよいひめ)が楽しめ、その他のシーズンはみかんやサツマイモなどの収穫が楽しめます。

イチゴ狩りの制限時間は30分間です。

基本的に予約不要ですが、25名以上は予約の必要があります。

川名農園 (三浦市)

一年を通して、いろいろな野菜を栽培している農園です。

イチゴ狩りは、1月初旬~5月上旬に楽しむことが出来ます。

イチゴの種類は、章姫、紅ほっぺ、やよいひめです。

30分食べ放題制。予約が必要です。

鎌倉観光イチゴ園 (鎌倉市)

鎌倉観光イチゴ園のオリジナルブランドである「紅静」を食べる事が出来ます。

高さが80cmあるので、一碁を摘み取りやすいのが魅力。

30分食べ放題制です。

イチゴが無くなり次第終了なので、電話で問い合わせてから行くようにしましょう。

ストロベリーハウス (海老名市)

海老名市はイチゴが特産品であり、市のマスコットキャラクターにもイチゴが採用されています。

ストロベリーハウスでは、高設栽培を行っているため立ったままイチゴ狩りが出来ますよ。

5種類のイチゴを栽培しているので、食べ比べを楽しむ事も出来ます。

ベビーカーや車いすも入園出来ますし、オムツ替えコーナーもあります。

1~3月は予約無しでOK!

ファームスクエア丹沢の森 (秦野市)

全国名水百選に選ばれた、秦野の名水で育ったイチゴを楽しめます。

紅ほっぺ、よつぼし、おいCベリーの食べ比べが出来ますよ。

800坪もある敷地は、広々としており車いすやベビーカーでも安心です。

最後に

神奈川県でイチゴ狩りが楽しめる場所を紹介いたしましたが、いかがでしたか?

丹沢や三浦などの自然豊かなエリアだけでなく、横浜のような都市部でもイチゴ狩りが出来ちゃいます。

高設栽培をしている農園が多く、立ったままイチゴ狩りが出来るのが嬉しいですね。

また、ベビーカーや車いすが通れるような、広い通路の農園も増えているようです。

子どもから高齢の方まで、家族みんなで楽しめますね。