フワフワした羽毛と鮮やかな色、そしてさえずる声の美しさが人気のカナリア。

世界的にファンが多く、日本には江戸時代に入ってきました。

bd7b0de1c462f35b6af3afbb8dca3761_s_020319_085825_PM

それ以来たくさんの人のペットとなっています。

今回は、ペットとしての歴史が大変長いカナリアの、特徴と飼育方法についてご紹介していきます。

カナリアってどんな鳥?

カナリアの原産地は、カナリア諸島やマデイラ諸島、アゾレス諸島です。

カナリアという名前の由来は、原産地に因んでいるのですね。

大人になると、体高は11~20cmになり、体重は15~20gです。

性格的な特徴としては、以下の2つが挙げられます。

警戒心が強く臆病

小柄な鳥ですので、やはり警戒心は強いです。臆病な性格なので、ストレスに注意しましょう。

一人で居ても大丈夫

あまり飼い主にベタベタしません。一人で過ごすことに強いので、時間がある時に遊ぶ程度で大丈夫でしょう。

懐くことは懐きますが、あまりスキンシップが好きではないようです。

いつも一緒にいたり、ベッタリ甘えるということはしない鳥です。

オスとメスの違いは?

カナリアは、オスとメスの区別がつきにくいです。

外見的な違いは、生後半年を過ぎてからでないと難しいでしょう。

オスの特徴としては、美しくさえずる事が挙げられます。メスとペアにすると、あまりさえずりません。

メスは殆ど鳴きませんので、アパートなどで鳴き声を気にする人に向いています。

カナリアの飼い方について

用意するもの

  • 飼育ケージ
  • 餌皿、給水器
  • 止まり木
  • 暖房器具

水は、水道水がおすすめです。カルキが入っているので、腐敗しにくいからです。

また、床材には新聞紙を利用している人が多いようです。

冬は保温用の電球やパネルヒーターを使用し、25℃くらいを保ちましょう。

エアコンで部屋全体を温めても良いですね。

餌は、カナリア用のミックスフードがおすすめです。

食べ過ぎてしまう事はないので、餌箱に多めに入れても大丈夫でしょう。

水浴びをさせましょう

カナリアはとても綺麗好きで、水浴びが大好きです。

いつも新鮮な水を用意して、水浴びが出来るようにしてあげましょう。

ケージ内の掃除が大変な場合は、浴室などで水浴びをさせても良いですね。

冬場は、体を早く乾かすために、離れた場所からドライヤーの風を当てると良いでしょう。

最後に

美しい体色と鳴き声が魅力のカナリアについて、その特徴と飼育方法をご紹介しました。参考になったでしょうか?

カナリアにはいろいろな種類があるので、コレクション性も高く人気のペットです。

専用フードもあるので、飼育道具を揃えるのは難しくありません。

あまり飼い主にベタベタしませんので、仕事で留守にする時間が多い人でも大丈夫ですよ。