リクガメと聞いて思い浮かべるのは、ペットショップで見かける小さく丸っこいカメでしょうか?

それとも、動物園にいる大きなゾウガメでしょうか?

どちらも陸で暮らすカメで、水には殆ど入りません。

930f495919111037f9068aecbf39db7e_s_121518_120024_PM

そのため、ミドリガメのような水棲のカメとは飼育方法が異なるのです。

今回は、そんなリクガメの飼育方法についてご紹介していきます。

飼育環境を整えよう!

リクガメは日本には生息しない動物ですので、日本の気候は適していません。

そのため、飼い主さんがリクガメの暮らしやすい環境を作ってあげる必要があります。

まず、飼育するためのスペースを十分確保すること。

そして温度と湿度の管理、餌の与え方などが重要となります。

それでは、それぞれについて詳しくお話していきましょう。

飼育ケースの大きさは?

飼育ケースは、ペットショップやネット通販で、簡単に手に入ります。

爬虫類用の飼育ケースを選べば良いでしょう。

サイズは飼育するカメの種類によって変わって来ますので、大人になったらどれくらいの大きさになるのかしっかり把握しておかなくてはなりませんね。

成長に合わせて大きくしていけば良いのですが、どこまで成長するのか確認しないで飼育を始めると、やがて飼育スペースが無くなり、どこかに逃がすということにもなりかねません(←絶対やらないで下さい)。

おすすめなのは、幅90cm以上のものです。カメにとって、大きくて困ることはありません。

大きくなる種類でしたら、庭に専用スペースを設けると良いでしょう。

温度と湿度はどれくらいにするの?

リクガメを飼育する上で、一番神経を使うのが温度と湿度の管理です。

一日に何回かチェックするようにしましょう。

温度管理

28~32℃をキープするように!

飼育ケースの中には、若干温度差を作っておくと良いですよ。

リクガメが、自分で好みの温度の所に移動出来るようにです。

保温球やバスキングライトを使うようにしましょう。

大人の場合、夜になったら1℃温度を下げましょう。子供の場合は、いつでも高めに設定しておきましょう。

サーモスタットを利用すれば、常に一定の温度管理が可能です。

湿度管理

カメの種類によって、適する湿度が違ってきます。

分からなければ、ペットショップの人に相談してみると良いでしょう。

60~80%の湿度を好むカメもいれば、40~50%程度の湿度が好きなカメもいるのです。

餌で注意すること

リクガメには、野菜や野草を主食とするように与えましょう。

小松菜やモロヘイヤ、大根の葉、サラダ菜など、手に入りやすい食材でOKです。

野草でしたら、タンポポやハコベ、クローバーなどを食べます。

野草を積む時には、除草剤が撒かれていないか注意しましょう。排気ガスが多いところも避けましょう。

最後に

ゆったりした動きが魅力のリクガメについて、その飼育方法をご紹介しましたがいかがでしたか?

自分が積んで来た野草を、モリモリ食べてくれる姿は本当に可愛らしいです。

小型のカメでしたら、室内の飼育ケースで飼育出来ますが、大きくなるカメは庭にスペースを設けると良いでしょう。

その際気をつけるポイントとして、脱走しないように隙間をしっかり埋めておくことです。

また、ヨツユビリクガメのように穴を掘るカメは、地中からの脱走にも気を配りましょう。