パッチリと大きく開いた瞳、爬虫類には珍しい動く瞼、そして鮮やかな体色。

どれをとっても魅力いっぱいのレオパードゲッコーは、最近流行りのペットなんですよ。

その愛らしい表情に、女性も魅了されるほどです。

76748e780e9099288a6618f6454cc395_s_120918_035704_AM

そんなレオパードゲッコーを飼育したくなったら、一体どんな物が必要となるのでしょうか?

今回は、飼育道具について説明させていただきたいと思います。

レオパードゲッコーを飼う準備

レオパードゲッコーーをお迎えする前に、揃えておかなくてならない道具は以下の物です。

飼育用のケージ

レオパードゲッコーが暮らすケージは、長方形の長い方が、体の2倍以上の長さがあると良いです。

あまり狭いと体を動かせずにストレスがたまります。

広い分には、いくら広くても構いません。

幼体から飼育するとしても、大人になった時のサイズを考えて大きめのケージを選ぶと良いでしょう。

成体で大体25cmですから、40~50cmくらいあると良いですね。

レオパードゲッコーは縦移動はしませんので、高さはそれほど気にしなくても大丈夫です。

ただ、脱走の恐れがありますから、しっかりとしたフタのあるものを選びましょう。

スポンサーリンク

プラスチックのケース

軽くて安く、サイズもいろい揃っています。

一番手軽に扱える飼育容器でしょう。

洗う時に傷をつけると、中が見えにくくなって観察しにくくなるという欠点があります。

ガラス水槽

熱帯魚用のガラス水槽も、飼育容器として適しています。

劣化しにくく、いろいろなサイズがあるのも魅力です。

アクリルケース

値段が高いのが難点ですが、アクリル樹脂の透明度を見ると、やはり欲しくなりますね。

重さも、ガラスより軽いのが嬉しいところ。

予算があれば、是非手に入れたい飼育容器です。

床材

飼育する時には、床材を敷く必要があります。

レオパードゲッコーは地上棲ですので、床材は重要ですよ。

掘る深さがあれば、隠れ家ともなります。

ケージ内の湿度調整も、ある程度は床材で可能です。

床材は排泄物でだんだん汚れていきますので、定期的な交換が必要となります。

手軽にお掃除が出来る素材にしておくと、常に清潔に保っておけて気持ちが良いでしょう。

具体的には、砕いたヤシ殻線維や砂、乾燥させた牧草、ウッドチップなどが挙げられます。

迷ったら、ペットショップの人と相談して決めても良いでしょう。

その他の道具

温度計、パネルヒーター、水入れ(深いと溺れるので注意!)、霧吹き(水を飲まない個体用)、餌、ピンセット(あると便利)

最後に

大きな黒い瞳と、パチパチと瞬きする様子がとても可愛らしいレオパードゲッコー。

飼育方法は比較的簡単ですし、性格も穏やかなこともあって、女性の飼い主さんも結構いるようです。

飼育に必要な道具も、ペットショップで入手しやすいものばかりですよ。

ただ、餌はコオロギやピンクマウスなどですから、そういったものを与えるのに抵抗がある人には、厳しいかも知れませんね。

粉末タイプの餌もありますが、値段が高く食べない場合もあるからです。

その点をよく考えてから、飼育するかどうかを決めましょう。