最近人気急上昇中の爬虫類、レオパードゲッコー。

これは、ヒョウモントカゲモドキの別名です。

粒々した質感の体と、独特な模様が特徴的。とても美しい爬虫類ですよ。

c579ad1652ab551f90f2bec30709bf5a_s_120918_040442_AM

そんなレオパードゲッコーは、品種改良が盛んでたくさんのカラーバリエーションがあります。

今回は、それらのカラーをご紹介していきたいと思います。

ノーマル

野生のカラーで、基本の色の事をノーマルと呼んでいます。

この色は、滅多に流通していません。

ノーマルと言われているものが、実はハイイエローだったというケースも。

そのため、野生種はピュアブラッドなど、特別な呼び方をしている場合もあります。

スポンサーリンク

ハイイエロー

よく見るカラーがこれで、一番入手しやすいでしょう。

名前の通り、黄色が強く出ています。

メラニスティック

黒っぽい体をしたレオパードゲッコーです。

ブラックパールやブラックナイトなどの品種があります。

マックスノー

黄色みが少なく、ほとんど白黒の体をしています。

マックスノー同士のペアからは、スーパーマックスノーという黄色みが焼失した個体が25%の確率で生まれます。

トレンパーアルビノ

アルビノと呼ばれるものの、若干黄色みが残っています。

3種類のアルビノのうち、トレンパーアルビノが一番出回っているようです。

ボールドストライプ

模様が普通と違っていて、背骨に沿った模様が特徴的です。

ブリザード

レオパードゲッコーの特徴とも言える体の模様が、子供の頃から無い品種です。

バナナブリザード(黄色)や、ミッドナイトブリザード(灰色)などがあります。

トレンパージャイアント

ジャイアントという名前の通り、とても大きな体を持っています。オスは体長が28cmになります。体重は150g以上になることも。

もっと大きなスーパージャイアントは、トレンパージャイアント同士の交配で生まれます。

最後に

愛らしい顔つきと、色や模様の美しさが特徴のレオパードゲッコーは、女性にも人気が高まってきています。

今回は、その品種の一部をご紹介しましたが参考になったでしょうか?

レオパードゲッコーには、野生のノーマルカラー以外にも、実にたくさんの品種があります。

どれも美しく、コレクターも多いようですね。

いろんな色を集めたくなる気持ちも分かりますが、飼うとしたら責任を持ってお世話する覚悟が必要ですよ。

愛情を持って接すれば、きっと素敵なパートナーになってくれることでしょう。