気温が上がり、太陽の光がたっぷり降り注ぐ夏は、植物が元気いっぱいに育つ時期です。

近年の夏は年々暑さが厳しくなってきていますが、元気に咲く花を見ながら乗り切りましょう。

2666393_s_071220_102024_PM

夏のガーデニングで人気の花は、とてもたくさんあります。

その中から、特に人気のあるものを10種類紹介いたします。

インパチェンス

アフリカホウセンカという別名もある多年草です。

日本では冬の寒さに耐えられないので、1年草扱いになっています。

草丈20~60cmで、半日陰や直射日光でも育ちます。

花数も多く、次から次へと咲くので、夏の庭を明るくしてくれる存在です。

ガザニア

春から秋まで咲き続けるので、長い間花壇を彩ってくれますよ。

太陽が大好きで、曇っている日は花が開きません。

寒さに弱いので、霜に注意して冬越しをさせましょう。

丈夫で花数が多く、初心者の人におすすめです。

センニチコウ

丸っこい花がポンポンと咲き、風に揺れる姿はとても可愛らしいです。

7~11月まで花を咲かせます。花が枯れにくいので、切り花にしても楽しめます。

ドライフラワーにもおすすめです。

マリーゴールド

夏の定番とも言える花で、家の庭だけでなく、公園などでもよく植えられていますよね。

明るい黄色やオレンジの花は、強い日差しの下でも元気に咲き続けます。

マリーゴールドは、害虫を寄せ付けない成分を出しているので、病気や害虫に困っている場合はマリーゴールドと寄せ植えにしてみましょう。

トレニア

とても丈夫で、ガーデニング初心者の人におすすめの花です。

草丈が低く、たくさんの花を咲かせます。

背が高い花と一緒に植えると、メリハリがあって良いでしょう。

アメリカンブルー

爽やかなブルーの花が印象的な、アメリカンブルー。

真っ青な花って珍しいので、とても人気があるんですよ。

花数が多く、ハンギングにもおすすめです。

ペチュニア

晩秋まで咲き続ける、とても花期の長い植物です。

園芸店に行くと必ず目にするくらい、夏の定番です。

優しい色合いの花色なので、色々な花との寄せ植えに活躍します。

乾燥に強く育てやすいので、初心者の人におすすめです。

トルコキキョウ

5~9月に咲く花で、草丈は30~100cmです。

品種改良が進み、現在たくさんの品種が存在している人気の花です。

名前の由来は、花の様子がトルコ人のターバンに似ていることから、この名が付きました。

ヒマワリ

夏と言えば、やっぱりヒマワリ!

背丈を超えるような大きなヒマワリばかりではなく、草丈の低い品種も増えていますよ。

小さい鉢でも気軽に育てることが出来るので、初心者の人にもおすすめです。

ニチニチソウ

5~11月まで咲き続ける、夏の花の定番です。

品種改良が盛んで、フリンジ咲きなどもありますよ。

丈夫で土質を選びませんので、真夏でも安心して育てられます。

最後に

夏のガーデニングで人気の花を10種類紹介いたしましたが、いかがでしたか?

今回紹介したのは、暑い夏に元気いっぱいに花を咲かせるものばかりです。

この他にも、アサガオやポーチュラカなど、まだまだたくさんの人気の花があります。

カラフルな花を植えて、夏のガーデニングを楽しみましょう。