みなさんは、カブトエビという生き物をご存知でしょうか?

日本の田んぼに住んでいるので、子供の頃捕まえた人もいるのではないでしょうか?

「カブトエビ飼育キット」なるものも売られており、子供達だけでなく大人にも密かに人気です。

カブトエビは、生まれた時はとても小さいですが、次第に目ではっきり見える大きさになっていきます。

42cff784c39bd9d0d36ff47d3cd1f662_s_032319_030704_PM

食事シーンも可愛らしく、育てて行くうちにきっと虜になってしまうでしょう。

今回はそんなカブトエビの特徴と、飼育方法についてご紹介いたします。

カブトエビって、どんな生き物なの?

カブトエビは「生きた化石」とも呼ばれているように、ジュラ紀から生息していたようです。

長い年月を生き抜いてきた、たくましい生き物なのです。

三葉虫を祖先に持つカブトエビは、甲殻類に分類されています。

同じような外見と名前の「カブトガニ」という生き物もいますが、カブトガニよりもずっと小さな体をしています。

今は日本の田んぼに生息しているカブトエビですが、元々は日本にいませんでした。

いわゆる外来種と呼ばれるもので、北部にいるのがヨーロッパカブトエビ、西日本より西にいるのがアジアカブトエビ、関東より西にいるのがアメリカカブトエビとなっています。

日本で初めて発見されたのは1916年のことです。

スポンサーリンク

カブトエビを育ててみよう

カブトエビを飼育する時に気をつけるポイントは、水とエサです。

卵を孵化させる場合は、水温を25℃前後にするようにしましょう。

そして水には、カルキ抜きの薬品を使わないようにしましょう。

カブトエビはデリケートなので、2日くらい日光に当てて自然にカルキを抜くようにしてください。

エサ

田んぼの雑草を食べて生きているカブトエビですが、微生物やオタマジャクシの死骸も食べます。

雑食性なので、金魚の餌や鰹節も食べますよ。田んぼの水を汲んでくれば、微生物も含まれているので餌になります。

卵を採取しよう!

カブトエビは孵化してから一か月で、産卵するようになります。

産卵する時には、両脇に卵巣が見えます。

卵巣が見えたら、産卵用のケースに川砂を5cmくらい敷き、そこに移しましょう。

砂の中に卵を産みつけたあと、カブトエビは死んでしまいます。

その後は、川砂ごと卵を天日で干して乾燥させます。

一ヵ月くらい放置したら、また水に入れれば孵化しますよ。

最後に

生きた化石と言われるカブトエビについて、その特徴や飼育方法をご紹介いたしました。

カブトエビは田んぼで捕まえる事が出来ますが、飼育キットを使えばもっと手軽に育て始める事が出来ます。

卵を水に入れて待つだけで、小さなカブトエビが孵化するんです。

その後は水温とエサに気をつけて飼育していれば、一カ月後に産卵します。

卵はよく乾かし保管しておけば、また育てたくなった時に孵化させることが出来ますよ。

2億年前から地球にいる生物を育てるなんて、わくわくしますね。

10年後でも、水を満たせば孵化することが出来るそうです。