田んぼのアイドル、オタマジャクシ。

集団でチョロチョロ泳ぎ回る姿は、見ていて和みますよね。

やがて足が出て上陸し、カエルになります。

f2e82a9bcfeaec15b3f668ccdfeb50f3_s_062819_051452_PM

その様子は、とても不思議で神秘的でもあります。

ここでは、そんなオタマジャクシの飼育方法についてご紹介いたします。

飼育に必要な道具って何?

オタマジャクシを飼育するには、飼育ケース、底砂、水草、水が必要になります。

ケースについて

プラスチックケースや水槽、タライなどを用意しましょう。

屋外飼育の場合は、外敵に狙われないように蓋をすると安心です。

小さい容器の場合は、フィルターを使うと良いでしょう。

オタマジャクシは肺呼吸に変わる時に、上陸する場所が無いと溺れてしまいます。

小石や砂で陸地を作ってあげましょう。

水について

水道水をそのまま使ってはいけません。

水道水に含まれているカルキ(塩素)は、オタマジャクシにとって害になるものです。

カルキは簡単に抜くことが出来ますよ。

バケツに水を入れて、日当たりの良い場所に1日置いておくだけでOK!

すぐに使いたい場合は、ペットショップでカルキ抜きの薬を買ってくると良いですよ。

スポンサーリンク

水槽のセット方法

カルキを抜いた水を、容器の半分くらいまで入れましょう。

大体、5~10cmの深さになるようにします。

足が生えてきたら、カエルへの変態が始まっています。

エラ呼吸から肺呼吸になるので、陸地を作って溺れないようにしてあげましょう。

陸地の作り方は、砂や小石を斜めに積み、傾斜を付けてあげるのがポイントです。

水交換は、4~5日に1回で良いでしょう。

直射日光は避けて、暖かい場所に置いてあげましょう。

何を食べさせればいいの?

雑食なので、何でも食べます。

田んぼにいる時は、水中の微生物を食べて生きています。

飼育する時には、メダカのエサで大丈夫ですよ。

ご飯粒やパン、にぼし、茹でたほうれん草もよく食べます。

ただこれらのエサは水が汚れやすくなるので、与え過ぎに注意しましょう。

1日2回、少量ずつ与えると良いですよ。

過密状態で飼育していると、共食いする場合もあるので注意しましょう。

60cmの水槽で20匹くらいが目安です。

カエルへの変態が始まったら、次第に肉食になっていきます。

昆虫などを増やしていき、両前足が出手から変態完了まではエサを与えなくても大丈夫です。

最後に

田んぼや池、小川で泳ぐオタマジャクシは、とても可愛らしく子供が持ち帰ってくることもあるでしょう。

そんな時、慌てず一緒に育ててあげられると良いですね。

オタマジャクシは雑食で強い生き物です。

水の汚れに気を付けていれば、ちゃんとカエルになってくれますよ。

カエルの皮膚には弱い毒があるので、カエルを触った手で目をこするのはやめましょう。