猫好きにとって、猫の多頭飼育は憧れでもあるでしょう。

何匹もの猫と暮らすのは、とても幸せなことです。

ですが相性が悪い猫同士だと、ケンカが絶えず大変なことになります。

626c631b1ba1c75b248fc37271853d91_s_040520_015534_PM

平和に多頭飼育をするには、猫同士の相性をよく考えなくてはなりません。

そこでここでは、相性の良い組み合わせを紹介したいと思います。

多頭飼育に向いている猫種って何?

マンチカン

フレンドリーな性格をしているので、他の猫と上手くいく場合が多いです。

アビシニアン

運動量が多く活発な猫で、他の猫達と一緒に遊ぶ様子が見られるでしょう。

メインクーン

体はとても大きいですが、性格は優しいんですよ。

頭も良く、他の猫とも比較的上手くやっていけます。

シャム猫

甘えん坊でやんちゃな所があり、遊び好きです。

年齢による相性について

猫の年齢によっても、相性は左右されます。

子猫同士

一番おすすめです。すぐに順応して、一緒に遊んだりすることでしょう。

成猫と子猫

どちらが先に住んでいても、徐々に慣らしていけば上手くいくことが多いです。

成猫同士

かなり難しいかも知れません。

お互いにフレンドリーな性格なら良いのですが、いきなり一緒にすると喧嘩して血をみる可能性も。

ご対面は、慎重に行う必要がありますね。

老猫と子猫

子猫が老猫にしつこくするので、老猫がストレスを抱えてしまうケースが多いです。

あまりおすすめ出来ません。

老猫はちょっとしたことで体調を崩しやすいのです。

性別による相性ってあるの?

多頭飼育する時は、性別も考慮すると良いですよ。

オスとメスの組み合わせが、一番上手くいくようです。

その場合は、去勢・避妊手術を必ずしましょう。

メス同士も、まあまあ上手くいきます。

オス同士は、縄張り争いなどでトラブルが多くなりそうです。

我が家の場合ですと、メス3匹の時はそれぞれ適度に距離を保って、個々に過ごしていました。

オス2匹メス1匹の時は、オス1匹が孤立して他の2匹はベッタリでした。

現在はメス2匹オス1匹で、メス2匹は個々に過ごしていて、一番若いオスがそれぞれに甘えに行くといった感じです。

これも個性が関係して来ますので、一概には言えません。

最後に

猫を多頭飼育する時に、一番大事なのが猫同士の相性です。

今回は、どういう組み合わせが向いているのかのお話をしました。

一般的によく言われている組み合わせを紹介しましたが、これに個性が絡んでくるとまた少し違ってくるでしょう。

やはり実際に会わせてみて、お互いの反応を観察した上で決めるのが一番です。

我が家はいつも保護猫の里親になるのですが、必ず数日間のお試し期間を設けさせて頂いています。

先住猫が少し怒る程度でしたら、一緒に暮らしている内に仲良くなっていく事が多いですよ。