トマトは、夏を代表する野菜の一つです。

ほど良い酸味と瑞々しさが人気で、暑い時期に食べるとスッキリしますよね。

そんなトマトを、自分でも育ててみたいと思ったら、ミニトマトがおすすめです。

9e26c0587c4fd79ce288af1185a7eef0_s_032719_041051_PM

ミニトマトなら広いスペースを必要とせず、ベランダでの栽培も出来ます。

今回は、そんなミニトマトの育て方についてご紹介していきます。

プランターと土を用意しよう

まず、ミニトマトを育てるプランターを準備しましょう。

ミニトマトの根は、横と下に伸びていきます。ですから、あまりにも小さいプランターは向いていません。

ベランダに置いて無理のないサイズを選ぶようにしましょう。

大体、高さ・幅・奥行がそれぞれ30cmあるプランターがおすすめです。

プランターの底には、鉢底石を敷いて水はけを良くしましょう。

その上に、野菜用の培養土を乗せていきます。

プランターを設置する場所ですが、室外機の近くは避けてください。

熱風が当たるような場所では、枯れてしまう危険があります。

スポンサーリンク

どんな苗を選べばいいの?

時期になると、お店にたくさんの苗が並ぶことでしょう。

その中からより良い苗を見つけるには、緑色の濃さで判断すると良いです。

また、葉に厚みがあるものが好ましいのですが、お店の苗をやたらと触るのはマナー違反ですよ。

そして、蕾または花が付いているものがおすすめです。

ミニトマトの中には、花が咲かない「つるボケ」と呼ばれる株もあるんです。

既に蕾や花がついている株なら安心でしょう。

葉の裏もしっかり見て、虫がついていないかどうかをチェックしておきましょう。

苗を植え付ける方法

いよいよプランターに植えていきます。

  1. 水分を吸わせる
    水を入れたバケツに根を鎮め、しっかりと水を吸わせておきましょう。
  2. 土に穴を開ける
    苗がすっぽり入る大きさの穴を、プランターの土に開けておきます。
    そして、苗の根を傷めないように気を付けながら、土に植えましょう。
  3. 支柱を立てる。
    風で苗が折れたら大変です!割り箸などに、軽く結びつけておきましょう。
  4. 最後にたっぷり水を与える。
    苗が根付くまでには、ある程度時間がかかります。
    その間に根が乾かないように、しっかり水分を吸わせておきましょう。
  5. 摘芯しなくてもOK。
    一般的にトマトには摘芯の作業が必要ですが、ミニトマトの場合はしなくても大丈夫です。
  6. 収穫
    色づいたら食べられます。

最後に

マンションやアパートのベランダでも、プランターで手軽に栽培できるのがミニトマトの魅力です。

トマトは栄養価が高く、美容効果もあるということで女性に大人気の野菜ですね。

自分の家のベランダにあれば、好きな時に収穫して食べる事が出来るのでおすすめですよ。

肥料をあげ過ぎると「つるボケ」して実が付かないので、2週間置きにあげる程度で大丈夫ですよ。

お子さんの食育にも大活躍しそうですね。