時々、無性に食べたくなるカップヌードル。

さまざまな味が開発されており、具材などを含めとても種類豊富ですよね。

いつもお店で買って食べているカップヌードルですが、自分だけのカップヌードルが作れる場所があるんですよ。

それが、横浜にあるカップヌードルミュージアムです。

deaf822e1ee2b652905d9af5196dae0b_s_031420_105217_PM

カップのデザインも自分で描けるので、まさにオンリーワンのカップヌードル!

それでは、カップヌードルミュージアム横浜について、紹介いたします。

カップヌードルミュージアム横浜って、何?

名前の通り、カップヌードルに関するミュージアムで、海の近くにあるレンガ風のシンプルな建物です

「クリエイティブシンキング(創造的思考)を楽しみながら学べる体験型食育ミュージアム」をコンセプトにしています。

たくさんの展示物を見ながら、インスタントラーメンの歴史を学んだリ出来ますよ。

それでは次に、主な見どころを紹介いたしましょう。

インスタントラーメンヒストリーキューブ

世界で初めて作られたインスタントラーメン「チキンラーメン」から、現在に至るまでの約3000点のインスタントラーメンの展示が見られます。

壁中ぎっしり埋め尽くされており、見応えありますよ。

百福シアター

チキンラーメンの生みの親である、安藤百福さんについてのCGアニメを見る事が出来ます。

次のエリアには、百福の研究小屋が再現されています。

クリエイティブシンキング ボックス

クリエイティブシンキングの6つのキーワードごとに、ボックスがあります。

シアターで学んだことを体験できるようになっています。

満足度の高いもので、小さい子ども楽しめますよ。

マイカップヌードルファクトリー

3Fでは、自分のオリジナルカップヌードルが作れちゃいます!

カップの白い部分に、自分で好きなイラストや文字を描くようになっています。

カップが出来たら、中身を入れていきます。

作り方はとても簡単なので、小さな子どもも楽しめることでしょう。

麺を入れたら、スープの味を選びます。

その後、4種類の具材を選んでいきます。

完成したら、フィルム包装してエアパッケージに入れて終了。

25分間の体験時間で、たっぷり楽しめます。

営業時間や休館日について

開館時間・・・10:00~18:00(入館は17:00まで)

休館日・・・火曜日(祝日の場合、翌日が休館日)

入館料・・・大人500円、高校生以下無料

アトラクションごとに料金が掛かるシステムです、。

詳しくはサイトで確認してみましょう。

最後に

横浜にあるカップヌードルミュージアムが、どんな所なのかを紹介いたしました。

カップヌードルの歴史を学んだり、体験アトラクションで遊んだり、オリジナルカップヌードルを作ったり出来ます。

小さな子どもも楽しめますので、家族で横浜に遊びに行った時には、立ち寄ってみると楽しいですよ。