人に懐きやすいネズミ「デグー」が、ペットとして人気が高まってきています。

ペットショップで手に入りやすくなり、値段も手頃。

3416280_s_061520_053606_PM

ハムスターよりも寿命が長いのも、人気の秘密です。

ここでは、そんなデグーの飼育に必要な道具やエサについてお話をしていきます。

デグーの性格は?

齧歯目の中では知能が高めで、飼い主とのコミュニケーション能力も高いです。

好奇心旺盛で、人に懐きやすくペットに向いている性格です。

エサを使って教える事で、芸を覚える事も出来ますよ。

撫でられることも好きです。

ただ、小動物ならではの「神経質」や「臆病」といった特徴もあります。

恐怖心を抱くと、懐きにくくなってしまうので注意が必要です。

嫌がる事をせず、デグーのペースで接するようにしましょう。

飼育に必要な道具は?

ケージ

運動量が多いので、広くて高さのあるケージを用意しましょう。

ケージを齧ったりもするので、塗装されていないものが良いでしょう。

巣箱

臆病な動物なので、安心して眠れる場所を作る必要があります。

シンプルな木の箱が良いでしょう。

冬場の保温だけでなく、夏場には冷房による冷えを防ぐことも出来ます。

かじり木

齧歯目なので、色々な物を齧ります。

そうすることで、歯の長さを調整するのです。

齧るものが無いと金網を齧り、不正咬合の原因になってしまいます。

かじり木は、必ず入れてあげましょう。

砂浴び場

デグーは体を清潔にするため、砂浴びをします。

ケージ内には、砂浴びが出来るスペースを作ってあげましょう。

小動物用の砂浴びセットがおすすめです。

回し車

運動量の多い動物なので、運動不足を防ぐために回し車を用意しましょう。

運動不足はストレスになるので、注意してあげましょう。

餌、水の容器

水は、小動物用の給水器が便利です。

どんなエサを与えれば良いの?

デグーのエサについては、今のところ「デグー用フード」がおすすめです。

必要な栄養素などについての研究はされていますが、まだハッキリ分かっていません。

野生のデグーは草食で、とても簡素なものを食べて生きています。

ですから、牧草が使われているペレットを与えると良いでしょう。

果物や野菜を与えると、糖分が多いので糖尿病になる可能性が高まるので注意しましょう。

最後に

知能が高く、コミュニケーションを楽しむことが出来るデグー。

ハムスターよりも寿命が長く、芸も覚えます。

ペットショップで見かける事も多くなり、気軽に入手出来るようになりましたが、購入する前にデグーの特徴を把握することが大切です。

警戒心が強く、過度なコミュニケーションで懐かなくこともあるので、その点に気を付けながら接してみましょう。

きっと素敵なパートナーになってくれますよ。