冬に多い症状の一つに、ヒートショックがあります。

温度差による体調不良のことで、人間では話題になったりしてますよね。

実は犬もヒートショックを起こすことがあるんです。

0b2846d732ecd601c80cb7cf9f09be8d_s_021220_114837_AM

命にもかかわる事ですので、是非覚えておきたいですね。

それでは、犬のヒートショックについてお話をしていきます。

ヒートショックって何?

ヒートショックというのは、急激な温度差で心臓に大きな負担がかかることで起こります。

心筋梗塞の危険もある、とても恐ろしいものなのです。

特に室内で過ごしているワンちゃんは、お散歩の時に注意が必要です。

ヒートショックの危険がある温度差は、10℃前後です。

たった10℃前後なので、真冬には散歩に出る度に危険があると言えます。

服を着ていない犬は、人間以上に温度差を厳しく感じることでしょう。

そこで、散歩の時には予防策が必要となります。

ヒートショックを予防する方法

散歩でヒートショックを起こさないように、予防策をとりましょう。

洋服を着せる

最近はペットショップに行くと、犬用の服が種類豊富に売られていますよね。

是非防寒着を着せてあげて下さい。

いきなり外に出ない

暖かい部屋から、寒い外にいきなり出ないようにしましょう。

玄関などの、やや寒い場所で体を慣らしてから、外に出ると良いですよ。

帰宅した時にも、玄関で少し体を慣らしてから、暖かい部屋に行くようにしましょう。

ヒートショックの症状は?

ヒートショックをを起こしている時の症状を挙げておきます。

もし気になる事があったら、急いで動物病院へ連れていきましょう。

  • 急に嘔吐や下痢をした
  • 眼球が変な動きをする
  • フラフラしている
  • チアノーゼが見られる
  • 脈拍や心拍、体温の異常
  • 呼吸の様子がおかしい、呼吸困難
  • 意識障害・貧血

貧血状態を見るには、歯茎や舌、結膜をチェックしてみましょう。

いつもより白く見えたら貧血かも知れません。

ショック状態による血流量の低下の可能性があるので、動物病院の受診をおすすめします。

どうしたら良いか分からない場合は、病院に電話をすれば獣医さんが指示を出してくれます。

最後に

犬にも起こるヒートショックについて、予防策と症状を紹介いたしました。

温度差による体への負担は、犬にもあることなんですね。

室内の暖かい場所で過ごしている犬は、特に注意が必要です。

散歩に行く時には、まずは玄関などで温度に慣らしておくと安心ですよ。