長い胴体に短い足、可愛らしい顔をしたフェレットは、人気のペットの一つです。

以前は珍しいペットとされいたフェレットも、今ではフェレット専門店も出来る程の定番のペットになりました。

7fc00bd160963838a053a7aeb4879175_s_091319_094559_AM

鳴き声の問題が無いので、マンションやアパートでも飼育しやすいですよ。

ここでは、フェレットの特徴や性格と飼育方法をまとめてみました。

フェレットって、どんな動物なの?

イタチ科の動物で、ヨーロッパケナガイタチが家畜化したものです。

いわゆる胴長短足の体形をしており、体重はオス1~1.2kg、メス0.6~0.8kgです。

頭から胴の長さは、30~50cmくらいです。

寿命は種類によって違っており、大体8~14年です。

スポンサーリンク

飼育に届け出が必要な場合も!

フェレットは国内繁殖されていますが、アメリカからの輸入の方が多いです。

海外の色々なファームで繁殖されており、そのファームごとに名前がつけられています。

北海道で飼育する場合は、届け出が必要なので注意しましょう。

created by Rinker
¥1,080 (2019/09/17 11:57:57時点 Amazon調べ-詳細)

フェレットの性格は?

フェレットにはいくつかの種類があり、種類ごとに性格が違っています。

日本でペットとして多く流通している「マーシャルフェレット」は、噛み癖がほとんどありません。

体も小さいので、おすすめの種類です。

また、「パスバレーフェレット」も体が小さく、マーシャルフェレットの次によく飼育されています。

ただし、若干噛み癖があるようです。

体が大きくなる種類は、噛み癖が強いので初心者さんにはおすすめ出来ません。

飼育に必要な道具は?

飼育するために準備するものを挙げていきますね。

ケージ

掃除がしやすいシンプルなタイプが良いです。

掃除は朝晩2回行い、食べカスやトイレをチェックします。

給水ボトル

いつも新鮮な水を用意しましょう。朝晩交換すると良いでしょう。

フードと餌入れ

フェレット専用フードをあげましょう。ドッグフードは代用出来ません。

自分で食べる量を調整出来るので、入れっぱなしで大丈夫でしょう。

トイレ用品

体がスッポリ入るサイズを選びましょう。

ハンモックや寝袋、下に敷くマット

数日おきに取り替え、いつも清潔にしましょう。

イヤークリーナー

耳が汚れやすいので、週に1回耳掃除をしましょう。

毎日遊んであげましょう

フェレットはよく寝ますが、遊びも大好きです。

毎日30分~1時間くらい、ケージの外で遊ばせてあげましょう。

疲れていなければ、もっと遊んでも良いですよ。

created by Rinker
SANKO
¥383 (2019/09/17 11:57:59時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

フェレットは、小動物の中では人間に懐きやすいペットです。

鳴き声が気になって犬や猫が飼えない場合にも、フェレットは静かなのでおすすめですよ。

毎日のお世話は欠かせませんし、爪切りや耳掃除もしなくてはいけません。

ですが、遊ぶ姿や寝ている姿など、とても可愛らしく見ているだけで癒されます。

きっと素敵なパートナーになってくれることでしょう。