株元のドッシリ感と、枝の細さのアンバランスさが特徴で、とても個性的なアデニウム。

美しい花を咲かせるので、砂漠のバラとも呼ばれています。

ca1a1de45d66e8ed381e09f0c0a1b72e_s_052119_013331_AM

室内で育てやすく、ポイントを押さえれば初心者さんにもおすすめの植物です。

それでは、アデニウムの特徴と栽培方法についてご紹介していきます。

アデニウムは砂漠のバラ

南アフリカや南西アフリカ、ソコトラ島、アラビア半島を原産とする植物です。

花の美しさが魅力で砂漠のバラとも呼ばれており、観葉植物として人気が高いです。

株元が大きく肥大しており、ユニークな外見も人気の秘密でしょう。

八重咲きなどの品種も作りだされており、これから益々人気が高まりそうです。

その個性的な外見をいかして、盆栽のように全体像を楽しむ人もいるようです。

草丈は20~80cmの多年草で、開花時期は4~9月です。

花色には、白、ピンク、赤、黄色、紫など様々なカラーがあります。

暑さに強く寒さに弱いです。

アデニウムの育て方とポイント

水の与え方

土が乾いたのを確認してから、たっぷりと与えるようにします。

鉢底から水が出て来るまで、しっかり与えましょう。

与えすぎは良くないですが、夏場は乾燥させ過ぎて枯らしてしまう事あるので気をつけましょう。

冬は休眠期ですので、断水します。

栽培環境

日当たりと風通しの良い場所を選びましょう。

冬以外は、屋外でしっかりと日光に当てるようにします。

6時間以上日が当たるようにするとベストです。

梅雨の長雨は避け、軒下に移動させるなど工夫しましょう。

冬の管理

冬の寒さは苦手ですので、休眠させるようにしましょう。

肌寒くなってきたら室内の日当たりが良い場所に鉢を移動させ、水やりを春まで中断します。

温度は7度くらいをキープ出来ると良いです。

アデニウムには、市販の多肉植物用の土を選ぶと良いでしょう。

自分でブレンドする場合は、水はけが良くなるようにしましょう。

肥料

液体肥料を選んでください。たくさん与える必要はありません。

5~10月に、2週間に1回くらい与えます。

アデニウムの病害虫

冬以外に室内管理をするなどで、アブラムシやカイガラムシがついたりします。

もし気が付いたら、歯ブラシで払い落しましょう。

最後に

アデニウムの特徴と育て方のポイントをご紹介いたしましたが、いかがでしたか?

砂漠のバラと呼ばれる程、美しい花を咲かせるアデニウム。

品種改良も進み、人気はどんどん高まってきています。

ユニークな外見も魅力的で、盆栽のような楽しみ方も出来ますよ。

冬の休眠期など、アデニウムの特性を知っていれば、栽培はそれほど難しくありません。

是非挑戦してみて下さいね。