大きな瞳と長い耳がチャームポイントのウサギは、昔からペットとして大人気!

品種改良が進み、たくさんの種類を目にするようになりました。

動物園などの触れ合いコーナーで見かける事も多く、きっと触った事がある人が多のではないでしょうか?

作者 Maeda1901[CC BY-SA 3.0], ウィキメディア・コモンズ 経由で

触っている内に、自分でウサギを飼いたいと思うかも知れませんね。

そこでここでは、初めてウサギを飼う人におすすめの、ミニレッキスについて紹介したいと思います。

ミニレッキスって、どんなウサギなの?

体重1.4~2.0kg、体長35cmくらい。

原産国はアメリカのカリフォルニア州です。

レッキスという大型種と、ネザーランドドワーフという小型種を交配させて作られました。

レッキスと言えば、被毛の触り心地が高級絨毯のように気持ちが良く、つややかで美しい毛並みが魅力です。

レッキスを飼いたいけれど「大きくて飼育スペースを確保するのが困難」という人のために、小型のミニレッキスを作り出したのです。

日本でレッキスというと、ミニレッキスを指す事が多いようです。

ミニレッキスはどんな性格なの?

ミニレッキスの基本的な性格は次の通りです。

人懐っこい

温和な性格で人懐っこく、飼い主について歩き回ったりもします。

甘えん坊

飼い主に構って貰うのが大好きで、体も撫でさせてくれますよ。

レッキス特有の、極上の手触りが楽しめます。

子供の頃から抱っこに慣れさせれば、抱っこさせてくれるようにもなります。

知能が高い

ウサギの中では賢い種類です。トイレのしつけもしやすいです。

ミニレッキスの値段は?

値段はお店によって違いますが、大体の相場は1~6万円でかなり幅があります。

珍しい毛色だったりすると、値段が跳ね上がることもあります。

また、ブリーダーが掛けた手間の違いも出ています。

健康に気を付け、人間に慣れるように手間をかけてしっかり育てられた場合は、高くなります。

反対に、適当に交配させた場合は安く取引されています。

あまりにも安い個体は、病気に掛っているリスクもあるので注意しましょう。

created by Rinker
ジェックス
¥629 (2020/09/17 10:44:17時点 Amazon調べ-詳細)

ソアホックに注意!

ミニレッキス飼育では、ソアホックに注意して下さい。

ソアホックとは、ウサギに多い足裏の炎症です。

ミニレッキスは足の裏の被毛が少ないので、ソアホックになりやすいのです。

ケージの床は、金網よりもすのこの方が足への負担が少ないでしょう。

最後に

今回は、初心者におすすめのウサギ、ミニレッキスについて紹介いたしました。

上質な手触りの被毛が魅力のミニレッキスは、性格も温和で飼育しやすい品種です。

飼い主と一緒に過ごすことが好きですので、ペットとのスキンシップを楽しみたい人におすすめですよ。

ただ、あまり触り過ぎてもストレスになりますので、ウサギの様子を見ながら加減しましょうね。

頭も良く、トイレのしつけも出来ます。

足裏への負担に気を付ける必要がありますが、初めての人にも飼い易いウサギですよ。