みなさんは、美肌のためにどのようなことに気をつけているでしょうか?

睡眠をたっぷりとったり、美容液をつけたり、人によって様々な方法で肌ケアを行っていることと思います。

ea22ad0ab9a0c8538b70f32c5fb6ccd6_s_082519_081319_PM

しかし、美肌を保つためには外側からのケアだけではなく、内側からのケアも重要になってきます。内側からのケアとはつまり、食生活のことです。

それでは、どのような食べ物を食べると美肌になれるのでしょうか?

乾燥に効く食べ物

季節の変わり目には、肌の乾燥に悩む人が多いのではないでしょうか?

フカヒレや動物の軟骨にはヒアルロン酸が含まれており、肌を保湿する効果があるのでオススメです。

それから、保湿するだけではなく新陳代謝を促すことも重要です。

新陳代謝を促す効果がある栄養素と言えば、亜鉛やビタミンB群などが挙げられます。

亜鉛を多く含む食べ物には、牡蠣、納豆、ほたてといったものがあります。ビタミンB群を多く含む食べ物は、大豆、卵、レバー、まぐろなどがあります。

積極的に取り入れましょう。

ニキビに効く食べ物

ニキビは、皮脂の分泌量が多いことが原因で起こります。

皮脂の分泌量が増える理由は様々なことが考えられますが、食生活が影響を及ぼしているケースが少なくありません。

ビタミンB群は肌の新陳代謝を促進するので、ニキビに悩む人やニキビを予防したい人には積極的に摂取していただきたい栄養素です。

それから、ニキビが治ったとしてもニキビ跡が残ってしまう場合があります。

ニキビ跡を消すには、ビタミンCを摂るといいです。ビタミンCを多く含む食べ物には、赤ピーマン、黄ピーマン、パセリ、柚子の皮といったものがあります。

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥543 (2019/11/14 13:08:56時点 Amazon調べ-詳細)

美白に効果的な食べ物

小麦色の肌には健康的な魅力があると思いますが、それでもやはり雪のような白い肌に憧れる女性が多いです。

実は食生活を改善することは、美白にも効果的です。

美白のために必要な栄養素は、何と言ってもビタミンCです。

先ほどもニキビに効くということでご紹介しましたが、ビタミンCは肌に対して様々な効果を発揮するので、美肌を目指すならば欠かせません。

それから、L-システインや、アスタキサンチンという栄養素も美白効果が期待できます。

L-システインはハチミツや大豆に、アスタキサンチンはカニ、エビに多く含まれています。

最後に

美肌になれる食べ物をたくさんご紹介させていただきましたが、その逆に肌に良くない影響を及ぼす食べ物というのも存在します。

例えば、スナック菓子や揚げ物といったものが挙げられます。

とはいえ、我慢のしすぎもストレスが溜まってしまい、かえって良くありません。

「ほどほどに」ということを心がけてください。