子宝草って、耳にしたはあるでしょうか?

なんだか縁起の良さそうなネーミングですよね。

子宝草の特徴は、何と言ってもその旺盛な繁殖力にあります。

8c8d36dab1dd33ec1b70e5feb8271955_s_032019_012020_AM

自分の葉っぱから、どんどん繁殖していけるんですからすごいですよね。

今回は、そんな不思議な植物「子宝草」について、ご紹介したいと思います。

子宝草って、何?

多肉植物の一つで、ベンケイソウ科カランコエ属に分類されている植物です。

原産地はマダガスカルで、多年草です。

子宝のお守りとして、子供が欲しい人達から注目されている植物なんですよ。

子宝草の見た目は独特で、葉っぱの周囲に直接子株がつくんです。

大きな葉っぱの周りにたくさんの子供達がついている姿は、微笑ましくもありますね。

スポンサーリンク

どんな栽培環境が良いの?

日光が大好きなので、日当たりの良い場所に置くようにしましょう。

ですが、真夏の直射日光は例外です。

あまりにも強い日差しは良くないので、真夏は半日陰に移動させてあげましょう。

そして、やや乾燥気味に育てるようにます。

蒸れると状態が悪くなりますので、風通しの良い場所を選んで栽培しましょう。

特に梅雨時には、十分配慮してくださいね。

原産地が暖かい地域ということもあり、寒さに弱い植物です。

ですから、冬は霜に当たらないように気をつけてください。

5~7℃までは耐えますが、なるべく10℃以上を維持するようにしましょう。

水の与え過ぎに注意!

多肉植物ですので、乾燥気味に育てるようにします。

ですが、やはり水分は必要ですので、適度な水やりは必要です。

春~秋は、土が乾いてからたっぷり水をあげましょう。

葉っぱがしわしわになったら、水切れを起こしています。

冬には、1か月に2回くらい水やりをすれば良いでしょう。

冬に水不足になると、ピンク色っぽくなってきます。

もしそうなっているのに気付いたら、水をあげてくださいね。

どんどん増やせる!

簡単に増やすことが出来るので、初心者でもどんどん増やせますよ。

葉っぱの周りに子株がたくさんつくので、それらが少し生長してきたら取り外しましょう。

それを土の上に置いておくと根っこが出てきますので、そうしたら好きな場所に植えてあげましょう。

最後に

葉っぱの周りにたくさんの子株をつける姿が印象的な、子宝草。

子供を授かりたい人たちを中心に、大人気の植物なんです。

子孫繁栄という縁起物としても人気が高いようです。

そんな子宝草は、多肉植物なので乾燥気味に育てるのがポイントです。

また、日光が好きなので日当たりも大事です。

湿気が苦手なので、風通しの良い場所で栽培するようにしましょう。