ロゼッタ状の葉は、まるでお花のようにも見えて、大変観賞価値の高い多肉植物「エケベリア」。

エケベリアの品種はたくさんあり、初心者でも間単に育てられるんですよ。

葉だけでも可愛らしですが、花が咲くともっと可愛らしくなります。

1db3673de78589d1fe65b072de5e0310_s_052119_100906_AM

窓辺に置いても良いですし、屋外でも栽培する事が出来ます。

ただ、育て方に少し気をつける点があり、それを知らないと枯らしてしまうことも。

そこでここでは、エケベリアの育て方のポイントをまとめてみました。

エケベリアは、初心者でも安心して育てられる

多肉植物には、お世話が楽な種類が多いですが、その中でも特に簡単なのがエケベリアです。

日当たりが良い場所に置いておけば、問題なく育ってくれます。

日本の気候でによく馴染み、大変丈夫な植物ですので、初心者さんにおすすめいたします。

元気に育てるためには、購入時から気を付ける必要があります。

エケベリアを選ぶ時には、葉と葉の間隔が狭い物を選びましょう。

全体的に、ギュッとしまっている感じのものが良いです。

そして、葉の色やツヤもチェック!変色していないかどうか、よく見ましょう。

育て方のポイント

エケベリアには、生長期と休眠期があります。

先ほども触れましたが、エケベリアにはたくさんの種類があります。

その種類によって生長期と休眠期の時期が違いますので、確認しておきましょう。

春秋が生長期にあたるエケベリアの場合、4~6月と9~10月にしっかりと水やりをしましょう。

土の表面が乾いたのを確認したら、鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと水やりをします。

この時期以外は、乾き気味にしておくのがコツです。

水やりの方法を間違えると、根腐れを起こします。

お世話のし過ぎで、常に土がビチャビチャの状態では良くありません。

休眠期には水は控えめにし、肥料も生長期に与えるようにして下さいね。

屋外で育てる場合には、雨が当たらないようにしましょう。

もし根腐れが起きたら、腐った根っこを取り除いて植え替えて下さい。

しばらく水やりをせず、風通しが良い場所で管理します。

株の増やし方

エケベリアの葉っぱは、簡単に取れます。

取れた葉っぱを、土の上に置いておくと根っこが出てきます。

そうしたら土に埋めて、水を与えて管理します。

これを葉挿しといいます。

もう一つ、株分けという方法でも増やせます。

子株をハサミで切り外し、2週間くらい切り口を乾燥させます。

その後鉢に植え、更に10日くらい経ってから水を与えましょう。

最後に

多肉植物の中でも特に人気の高い、エケベリアの育て方のポイントをまとめてみました。

日本の気候でよく育ち、屋外の日当たりの良い場所置けば、放っておいても生長します。

丈夫で管理も楽で、お花も咲きます。

増やし方も簡単で、葉挿しも株分けも失敗がほとんどありません。

育てる楽しみを満喫出来るので、初心者さんにおすすめの多肉植物ですよ。