サバンナキャットと言う猫種を聞いた事はあるでしょうか?

日本ではまだあまり馴染みが無いサバンナキャットは、野生の猫の血を引き継いだワイルドな外見の猫です。

4df87c3a3bf036edb2ab61ff8245788f_s_040119_010001_AM

その反面、性格は甘えん坊でよく人間に懐きます。

これから注目されていきそうなサバンナキャットについて、特徴と性格、入手方法をご紹介いたします。

サバンナキャットの歴史

サバンナキャットは、1986年にブリーダーによって作りだされました。

当時飼っていたメス猫と、サーバルキャットのオス猫を交配させたのです。

無事に子猫が生まれ注目を集めたのですが、そのまま交配を続けるには問題点がありました。

サーバルキャットは野生種であり、気性が荒いので危険がつきまといます。

更に、保護条例の他に飼育規制もあったりして、サーバルキャットの入手も困難な状況でした。

また、野生動物と交配させる事に対して、倫理的に問題視する考えもありました。

色々と話し合いが行われた結果、2001年に猫種としてTICAに認められたのです。

現在ではキャットショーに出る事も出来ます、。

スポンサーリンク

どんな特徴がある猫なの?

サバンナキャットはとても大柄な猫で、体重がなんとオスで7~13kg、メスで6~10kg!

大きいと14kgになることもあるようで、これは人間の5歳児くらいに匹敵する重さです。

頭が小さく、首は細く足が長いです。後ろ脚の筋肉は立派で、野生的な体付きをしています。

歩く時に肩を揺らしますので、その姿もとてもかっこ良いです。

毛色のバリエーションが多く、毛の長さは短いです。

どんな性格なの?

サバンナキャットは、野生の猫の血が混ざっているので、野生的な体付きをしています。

そのため、穏やかな性格は期待出来ないと思われがちですが、そうではありません。

人間に対してとてもフレンドリーで、飼い主をよく慕うようになります。

お子さんがいる家庭でも、飼育しやすい猫だと言えます。

知能は高く、いろいろな事を覚えます。ドアも空けてしまうので、戸締りには注意しましょう。

教えた事を覚えてくれるので、しつけやすいです。

飼い主とのコミュニケーションをとりたがる、甘えん坊な性格をしています。

あまり留守が多いと、ストレスになってしまうかも知れません。

時間がある時には、思いっきり遊んであげましょう。

入手方法は?

日本ではまだあまり流通していません。ですから、ブリーダーを探すか海外から輸入する方法がとられます。

購入する時には、必ず血統書を確認して下さいね。

値段は、100~300万円です。野生の血が濃いほど高額になります。

飼育する際には、自治体によっては「特定動物」に指定されています。

その場合は、戦用ケージで飼育することになり、家から出して飼育は出来ません。

猛獣と同じような扱いとなります。

最後に

野生の血が混ざっているサバンナキャットについて、特徴や性格、入手方法をご紹介いたしました。

体が細い割に筋肉質で、野性味あふれる外見が魅力です。

性格は人懐っこく、飼い主が大好きな甘えん坊です。

そんなサバンナキャットは、非常に高額に取引される猫です。

また、特定動物に指定している自治体もあります。

飼育する時には、必ずお住まいの自治体へ問い合わせてからにしましょう。