小さくてフワフワで、とっても可愛らしいモルモット。

でも、いざ飼い始めたらニオイが気になってしまった、という人が多いようです。

528941d139868aa8ddf558f85e7eba5d_s_112919_114016_AM

モルモットのニオイ対策をして、快適に過ごしたいですよね。

ここでは、モルモットのニオイ対策についてお話をしていきます。

モルモットって、なんで臭いの?

モルモットを飼っていると気になるニオイは、何が原因なのでしょうか?

実は、モルモットの体臭というよりも、その他の原因が考えられるのです。

皮脂腺からの分泌液

モルモットの肛門の辺りには皮脂腺というものがあります。

皮脂腺からの分泌液は、独特なニオイをしています。

そのせいで、モルモットは臭いという印象を持たれてしまうようです。

発情期

発情期のモルモットは、独特のニオイがします。

フェロモンのニオイですから、これは仕方のない事です。

とは言え、特にオスは1年を通して発情するので、困りますよね。

排泄物のニオイ

皮脂腺の分泌液と排泄物が混ざると、悪臭となります。

排泄物だけなら、そんなに酷いニオイにはなりません。

どんなニオイ対策があるの?

原因が分かったところで、いよいよニオイ対策に移りたいと思います。

それぞれの原因ごとに、お話をしていきます。

皮脂腺のニオイ対策

ペット用の消臭剤で、優しく拭いてあげましょう。

お尻にある臭腺も、嫌なニオイを出しますので一緒に拭くと良いでしょう。

発情期のニオイ対策

発情期のオスは、特にニオイが気になります。

期間が決まっていないので、一年中気になってしまいます。

そんな時は、モルモットに詳しい動物病院で、去勢手術をしてもらうと良いでしょう。

排泄物のニオイ対策

まずは、ケージの掃除をこまめにしましょう。

床材を交換することで、ニオイ対策になります。

糞尿がついた床材をモルモットが食べると、もっと臭い糞尿が出ます。

ペット用のトイレシーツがおすすめです。

消臭効果のあるトイレ砂も良いでしょう。

また、お尻の周りを拭いて上げるのも効果的です。

餌を変えてみるのも、おすすめですよ。

お風呂は入れない方が良い

ニオイが気になっても、お風呂は避けた方が良いです。

酷く汚れてとても臭い時は、ペット用シャンプーで洗ってあげても良いですが、一般的にお風呂に入れない方が良いと言われています。

最後に

モルモットのニオイ対策についてお話をしてきましたが、いかがでしたか?

ニオイの原因はいくつかあり、それぞれ対処法が違ってきます。

毎日必ず1回、ケージの掃除をするようにしましょう。

お尻を拭いてあげたり、床材を交換したり、清潔な状態にしてあげる事がポイントですよ。