みなさん、牡蠣は好きですか?

牡蠣は海の岩に生息している2枚貝で、「岩からかきおとして漁獲する」ことから「かき」と呼ばれています。

牡蠣は「海のミルク」と呼ばれているということもあり、好きな人が多い可能性はあります。

002045c15d249374163c375859cb8427_s_120619_103737_AM

でも食中毒の危険もあり、「苦手だ」という人も多いです。

牡蠣の美味しい時期や、栄養・美味しい食べ方等をまとめてみました。

牡蠣の美味しい時期はいつ?

牡蠣の美味しい時期がいつなのか、気になるので見てみます。

牡蠣の美味しい時期は、冬だと言われています。食べ物は、旬に食べるのが1番美味しいという可能性はあります。美味しい時期は、つまり「牡蠣の旬の時期」ということです。

でもそれは牡蠣の種類により異なり、その違いは「産卵期」です。

1つ目は真牡蠣で、旬の時期は11月~3月頃になります。産卵が始まると、溜めていた栄養分が1気に産卵に使うので身が細くなり味が落ちるという事が考えられます。

9月頃に産卵を終えて、海水温が上がり始める次の産卵期である5月頃に向けて栄養を蓄えていきます。

2つ目は岩牡蠣で、旬の時期は6月~8月頃です。産卵時期は海水温が高くなる6月~10月で、産卵量が少ない上に何回かに分けて少しずつ産卵します。

身は痩せずに産卵に向けて、たっぷりと栄養を蓄えた状態が続きます。

産卵時期でも違いがありますが、育ち方にも違いがあります。

真牡蠣は養殖が多いですが、世界で最も知られていて・最も食べられています。

岩牡蠣は天然物が殆どで、海女さんが潜ってとってきます。冬の寒い海には潜れないので、禁漁期になるとあまり出回ることがないという可能性はあります。

海女さんがいてくれると、天然物の岩牡蠣が食べられるので嬉しいという事は考えられます。

牡蠣の栄養や効果は?

牡蠣にはどのような栄養が含まれているか、見てみます。

牡蠣に含まれている栄養の中で、グリコーゲンが多く含まれています。

疲労回復を助けたり、筋肉や脳の働きを活発にします。お酒を飲んだ後に食べると、良いという可能性はあります。

亜鉛も多く含んでいて、体の代謝や細胞を作ることを助ける酵素の成分の1つです。

美肌や美髪を作る事が期待出来たり、味覚障害の予防に必要だという事は考えられます。

骨粗しょう症予防にもあり、骨密度のアップが期待出来ます。風邪を予防する免疫機能を助けたりする等の、様々な働きがあり欠かせない栄養となっています。

タウリンを多く含んでいるので、コレステロールの上昇を抑える作用や眼の疲れ・視力の衰えを回復する効果もあります。

コンタクトをしている人や、眼鏡を掛けている人・眼の疲れが気になる人は食べると良いという可能性はあります。

鉄分が多く含まれているので、貧血予防が期待出来ます。女性は貧血の人が多いですが、男性も多少はいるという事は考えられます。また、疲れやすくなったり・肌荒れをしてしまう事もあるので予防効果もあります。

ビタミンB12が多く含まれていて、神経細胞の表面の膜を作ります。脳が正常に働く事もサポートしていて、心臓病・脳梗塞を予防します。

脳が正常に働くと、忘れ物が減ったり・体も機敏に動く可能性はあります。

セレンが多く含まれていて、体内で発生した過酸化物質を分解する酵素の成分です。強い抗酸化作用があり、がんの予防・血栓症の予防等が期待出来ます。

アンチエイジングも期待出来るので、女性には嬉しいという事は考えられます。

牡蠣の美味しい食べ方は?

牡蠣は、どのような食べ方でも美味しいです。でもやはり、食べるなら1番美味しい食べ方で食べたいです。美味しい食べ方は、どのような物があるか見てみます。

1番は、やはり生で食べるのが美味しいという人が多いです。スーパー等で売っている生牡蠣でも、「生食用」と書いていれば他の刺身等と同じように生で食べられます。

パック等に入っている生牡蠣は、そのまま食べても問題はないです。ただ物によっては、臭みや汚れ・ぬめりがあるので水洗いをオススメします。

三杯酢やレモン汁、オリーブオイルで合わせると、いろいろな食べ方が出来ます。美味しいですし、楽しみ方が増えるという可能性はあります。

ご飯物なら「牡蠣の炊き込みご飯」があり、炊飯器1つで作れて誰でも出来ます。

パスタにも合い、クリーム系にすると食べやすく作りやすいという事は考えられます。

ペペロンチーノもあり、パスタを硬めに茹でて牡蠣のエキスを吸いこんでいるので美味しいです。大粒の牡蠣を使うのがオススメで、美味しさが増すので嬉しいです。

寒くなってくると温かいものが食べたくなり、「牡蠣のグラタン」もその1つです。

牡蠣を白ワインで蒸し焼きにして、小麦粉を炒め合わせた野菜と一緒にオーブン焼きにすると手間も掛らないので作りやすいです。

牡蠣の殻ごと買っていたりすると、殻をグランタン皿にして食べるとそれだけで華やかな食事になるという事は考えられます。

子供と一緒に作ると、思い出になったり・お子さんが料理好きになったりする可能性もあります。家族みんなで食べると美味しいですし、心も温かくなります。

お酒が好きな人は、牡蠣を酒蒸しにしてネギポン酢で醤油をたっぷり掛けてシンプルに食べるのも良いです。ワイン蒸しにしてみるのも美味しいので、食べ比べてみるのも良いという可能性もあります。

created by Rinker
アサムラサキ
¥1,373 (2020/09/28 01:33:00時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

牡蠣の美味しい時期は、牡蠣の種類により違うことが分かりました。牡蠣を食べる時に、いつ・どの種類を食べれば良いのか分かったのでいつでも食べられます。

人によっては、「養殖よりは、やはり天然物が良い」という人がいるという可能性もありま

す。また牡蠣が「美味しいなら、どちらでも気にしない」という人なら、両方食べると良いという事は考えられます。

美味しい食べ方も、いろいろとあるので料理好き人は楽しいという可能性はあります。

1人暮らしの人も、簡単に食べる事が出来ます。家族で食べる場合も、沢山作ってみんなで食べると会話も増えます。

友達同士で、牡蠣パーティーをすると楽しいという可能性もあります。

今はオイスターバーがあったり、かき小屋があったりとお店でも食べる事も出来ます。

牡蠣は、お店で食べても家で食べても美味しいので嬉しいです。

栄養もいろいろと含まれていて、健康面や肌等にも良いので牡蠣は沢山食べると良いという事は考えられます。