リンゴは、女性・男性問わずに好きな人が多いのではないでしょうか?

リンゴには、「毎日食べると健康に良く、医者を遠ざける」という「ことわざ」があります。

fece9f51478e86fc5a00356522c69557_s_040420_024211_PM

それだけ、リンゴを食べると体に良いという事かもしれないです。

リンゴの美味しい選び方や、どのような栄養や効能があるのか等をまとめてみました。

リンゴの美味しい選び方は?

リンゴを食べるなら、やはり美味しいリンゴを食べたいと考える人は多い可能性はあります。それなら、やはり美味しいリンゴを選びたいと思うかもしれないです。

美味しいリンゴを購入するなら、どういう選び方が良いか見てみましょう。

赤いリンゴは全体的に下の部分まで濃い色で、色つやが良い物は甘みが強く味が濃いという事は考えられます。

お尻の部分が深くくぼんでいて変形していない物が良いですが、お尻が緑色の物はまだ完熟手前なので酸味が強いかもしれないです。

熟していくと赤色や黄色になるので、選ぶ時に気を付けて見ると良いという事は考えられます。

大きさ・重さ

リンゴは様々な自然条件で栽培されるので、毎年同じ物が栽培されるとは限らない可能性があります。

大きさは大きい物より中くらいの物、重さは手に持った時にずっしりと重みを感じる物は果汁がしっかりと詰まっているので選ぶと良いという事は考えられます。同じ大きさでも、しっとりと重い程熟しているので蜜入りも多いかもしれないです。

香り

熟したリンゴは、芳醇な香りが出ている物を選ぶと良いという事は考えられます。

熟しているリンゴ程、特有の良い香りを出す可能性はあります。

美味しそうなリンゴは、今にも密が溢れてきそうな香りがするかもしれないです。

リンゴに含まれている香り成分には、気持ちをリラックスさせてくれる効果もあります。

眠りが浅い時には枕元にリンゴを置いてみると、深い眠りに誘ってくれるという事は考えられます。

リンゴに含まれる栄養成分は何?

リンゴを食べる時には、「美味しいから食べる」という人が殆どかもしれないです。しかし、リンゴには、豊富に栄養成分が含まれています。

どのような栄養成分が含まれているか把握していると、食べる時に余計に美味しく感じる可能性はあります。

リンゴには、どのような栄養成分が含まれているか見てみます。

食物繊維

整腸作用等の体の中で、有用な働きをするという可能性もあります。リンゴは、食物繊維が100gあたり1.4gも含まれています。

便秘や下痢等を抑える整腸作用があるので、嬉しいという事は考えられます。

食物繊維は皮に多いので、低農薬で安全な物なら皮ごと食べるのがオススメという可能性はあります。

カリウム

体内の、水分量の調整に役立つ栄養素です。ナトリウムを排出する作用がある為、塩分の摂り過ぎを調節する上で役立つという可能性はあります。塩分を摂り過ぎると、むくみ等を引き起こす原因になるかもしれないです。

不足すると足がつりやすくなったり、慢性的な疲労感に襲われる事も多くなるという事も考えられます。危険な症状を引き起こすと言われているので、積極的に食べると良い可能性はあります。

ビタミンC

リンゴには、100gあたり4mg含まれています。安定生の高い酸化型なので、加熱しても・切っても破壊はされないという事は考えられます。その為、栄養価が損なわれず肌にも良いので嬉しいかもしれないです。

また病気の抵抗力を高めたり、細胞と細胞を繋ぐコラーゲンの生成に不可欠な栄養素なので摂取すると良い可能性はあります。


リンゴにはどのような効果がある?

リンゴには、様々な効果があるという事は考えられます。食べる事により、効果があると嬉しいかもしれないです。

リンゴには、どのよう効果があるか見てみましょう。

疲労回復効果

リンゴには、クエン酸が豊富に含まれている可能性はあります。摂取する事によりクエン酸回路を働かせている為、疲労回復に繋がるという事は考えられます。

疲労をもたらす乳酸を減らすと共に、体の新陳代謝を活発にして疲れを取り除いてくれる可能性はあります。

美肌効果

シミやそばかすの原因となっているメラニン色素は、活性酸素という成分が中心となって生成されています。リンゴに含まれている、ポルフェノールには強い抗酸化作用があり活性酸素を減らす作用があるかもしれないです。

活性酸素を減らす事により、シミやそばかすが出来にくくなる為美肌効果が期待出来る可能性はあります。

血糖値上昇を抑える効果

でんぷんは、お腹の中で糖に分解され吸収されます。プロシアニジンというポリフェノールは、でんぷんを分解する酵素の働きを抑える効果があるという事も考えられます。

またリンゴにはフロリジンというポリフェノールも含まれていて、これにも血糖値を下げる効果があるかもしれないです。

最後に

リンゴの美味しい選び方や、リンゴにはどのような栄養成分や効果があるのか分かりました。

リンゴを食べている時に、「どういう栄養や効果があるのか」等と考えながら食べる人はあまりいないかもしれないです。

しかしリンゴには、体にも肌にも良いという可能性はあります。

健康にも良いので、美味しそうなのを選んで食べると良いかもしれないです。

しかし、食べ過ぎには気を付ける必要があります。

リンゴは特に、女性には嬉しい果物という可能性はあります。

しかし女性だけでなく、家族みんなで楽しく食べると良いという事は考えられます。